Top
タグ:ウォーキング ( 5 ) タグの人気記事
Top▲ |
森の実り
今週は好天続き。

パールも久しぶりに庭で日向ぼっこの日々である。


b0059962_2122416.jpg

ま、まぶしい!

天気が良ければ、毎日のウォーキングもずっと楽しい。
日本の秋のように、『紅葉を愛でながら』とはいかないのだけど(南部では木々の葉はたいてい緑色→オレンジかかった黄色→茶色というサイクルを経て散っていく)、その代わりイギリスの秋の散策の楽しみはベリーをつける木々を眺めることだと思う。

今朝は気温もやや高めだったので、のんびりと2時間くらいパブリック・パースを歩きながら、いつもは素通りする木の実やベリーを拾って、植物図鑑で調べてみることにした。

More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-10-15 02:22 | イギリスの自然
ブルーベル・ウォーク sanpo
週末は、珍しく“家族”揃ってウォーキングを楽しんでみた。

目的はこれ。

ブルーベルです。
b0059962_150574.jpg

4月中旬から下旬(オックスフォードシャー・バークシャー・バッキングハムシャー周辺の場合)にかけて、カントリーサイドや道路沿いに広がる森林を気をつけて見てみれば、あちこちにブルーの小さな花が咲いているのを見つけるはず。

続きを読む
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-04-29 01:54 | イギリスの自然
人間なんてララ~ララ~
b0059962_2392798.jpg
路上で知った顔と出会いちょこっと会話を交わした後、別れ際に「See you」と言う代わりに「Have a lovely Christmas!」と言い合うようになった今日この頃。
毎年この言葉を聞く時期になると、なぜか小学校の頃に『下校時刻になりました。用事のない生徒は家に帰りましょう』という校内放送のアナウンスを耳にした時に感じた、何とも言えない物寂しいぃ~気持ちが蘇ってくるのだ。

“外国人&非クリスチャン&義理の家族と上手くソリが合わない”という3条件が揃った私には、クリス・レアの唄みたいに『♬ Driving home for Christmas ♬』と言う風にウキウキと向かう家もなし。かと言って、誰かを迎えるべくディナーやらの準備で大忙しになる必要もなし。
いつもより余計に「よそ者なんだなぁ」感を強めつつ、ただこのドンチャン騒ぎシーズンができるだけ早く過ぎてくれるのを待つばかりの日々を送るのみ。

More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-12-18 23:12 | 飼い主日記
一人で歩く楽しみ
どうしようかなあ、とさんざん迷った末にウォーキング・クラブに参加することにした。
短め(7マイルくらい)のルートだし、何よりもパールは他の犬達にしばらく会ってなかったことだし、と底を尽きかけている体力&気力をかき集めるようにして家を出た。

この村から出発する時のスタート地点になるいつもの場所へ行ってみると「あれ?誰もいない」。そこには、草をはむ牛の群れがいるだけである。
たしかに5分ほど約束の時間に遅れてはいたけれど、ここはイギリス。5分の遅刻は遅刻のうちに入らないし、たいてい誰かがちょっと遅れてやって来る(車を停める場所が見つからなくてぇ~!という理由が一番多い)のは日常茶飯事である。
「もしかして誰も集まらなくて中止になったのに、メイルで連絡くれなかったのかな?」と思い、更に10分ほど待ってみることにした。


More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-09-18 00:27 | 飼い主日記
くたびれました。
b0059962_2313859.jpg


今日は水曜日恒例のウォーキング。

この数週間ほどは、毎回この町周辺のどこか別の地点からスタートするウォーキングが続いていたので、車無しの私は他のメンバーに「車に同乗させてもらえる?」と頼んで回るのがなんだか面倒で(私一人なら構わないけれど、大型犬が加わると明らかに〝渋々”という反応の人が多いので)、ずっとパスし続けていた。


つづきを読む
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-06-19 02:38 | 飼い主日記
| ページトップ |
"springleaves" Skin
by Animal Skin