Top
タグ:イギリス ( 92 ) タグの人気記事
Top▲ |
フローズン・ブリテン
いやはや、イギリスの今年の冬はどうしちゃったのでしょう?!




b0059962_2235369.jpg
→1月7日のイギリス、サテライト写真。(提供BBC)
真冬日(日中の気温が零度以下になる日のこと)が毎日のように続き、雪もほぼ一日おきくらいにぱらぱらと降り続いている。
村周辺の道路状況が悪いのか、それともシステム自体が混乱しているのか、火曜日に回収されるはずのゴミの山はそのまま。
年末からの“持ち越し分”のせいで、あちこちで蓋が閉まらないゴミ箱からのおこぼれが路上に散らばり、なんだかスラムみたいなのだ。



秋~春にはフットボール、夏はクリケットに使われるグランドもこの通り↓。


b0059962_294846.jpg

更に村の住人達の恐怖心を煽っているのが、唯一のスーパーである生協の棚が日に日に空っぽになり、それが何時までたっても満たされないという事実。
噂によると、昨日の朝8時頃に入荷した牛乳は昼前にはぜーんぶ消え去り、今朝夫を偵察にやった結果によると「生鮮食品も乳製品も何もかも空っぽだった」とのこと。
缶詰やトイレットペーパーの類も底をつき始めているらしく、これでは“自然災害下の緊急事態”ではないですか。

小・中学校&保育園はすでに3日間閉鎖されている↓。


b0059962_2101972.jpg

小規模の店ではあるけれど、この村を中心その周辺の村々を少なく見積もっても100世帯以上はこの店に頼っているんだから、もう少し事前に準備するとかできないのだろうか?
24時間まったく在庫無しって、21世紀のこの世の中でちょっと許されないんじゃないの!?とだんだん私も落ち着かなくなってくる。

つづきを読む
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2010-01-10 02:26 | 英国事情
りんごの国から
「食べ物が不味くってねえ」と世間ではまだまだ辛口批評を受ける事の多いイギリス。

けれど、イギリス人が「これこそ我が国自慢のものです、エッヘン!」と胸を張って誇れるものがある。
それはりんご。
ちなみに、10月21日は『ナショナル・アップル・デー』だった。


b0059962_4144180.jpg

種類の多さもさることながら、イギリス人に言わせれば(個人的には賛成できないのだけど)「他の何処の国の物より、イギリス産のリンゴは美味い!」らしいのだ。
なんでも、イギリスの気候がりんご作りに適しているからと言うのが理由らしい。
そんなわけで夏の終わりから冬の終わりにかけて、スーパーもファーマーズマーケットもりんごりんごのオンパレードとなる。

More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-10-24 04:16 | キッチン
森の実り
今週は好天続き。

パールも久しぶりに庭で日向ぼっこの日々である。


b0059962_2122416.jpg

ま、まぶしい!

天気が良ければ、毎日のウォーキングもずっと楽しい。
日本の秋のように、『紅葉を愛でながら』とはいかないのだけど(南部では木々の葉はたいてい緑色→オレンジかかった黄色→茶色というサイクルを経て散っていく)、その代わりイギリスの秋の散策の楽しみはベリーをつける木々を眺めることだと思う。

今朝は気温もやや高めだったので、のんびりと2時間くらいパブリック・パースを歩きながら、いつもは素通りする木の実やベリーを拾って、植物図鑑で調べてみることにした。

More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-10-15 02:22 | イギリスの自然
パリの美味しい物を思い出しながら
旅に出たり掃除に追われているうちに、秋は着実に深まりつつある今日この頃。


b0059962_23212810.jpg

旅行に出る前からすごーく気になっていた、隣家から伸びているこの果物の木。
「僕ひとりじゃとても食べ切れないから、はしごでも使って採りたいだけ採っていいからね」と、隣人のN氏にも言われていたのだけど、ついつい収穫&料理する時間がないまま9月も終わろうとしている。


b0059962_2322318.jpg

このたわわに生ったりんごや梨をこのままダメにしてしまうのは、どうにも心苦しい。
パールがこっそり拾って食べてはお腹を壊していたプラムは、枝についたままほぼドライフルーツと化してしまった。


b0059962_23222348.jpg

プラムもりんごも梨も、ジャムになったものは苦手なので、何か別の方法で大量に消費出来るレシピは...と庭に出るたびに考え込んでいる。

つづきを読む
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-09-29 23:28 | 旅に出てみた
季節を感じさせるもの
九州では梅雨が明けたそうで、いよいよ本格的な日本の夏が始まるのだろうなあ。

で、私の身の回りはと言うと、日曜の夕方にいつものように村のレクレーショングランドに散歩に行くと、今年初めての“ウィンドフォール・アップル”を見つけた。


b0059962_2441897.jpg

すでにご存じの方も多いと思うけれど、これは“風で自然に落ちたりんご”と言う意味。
秋になって本格的なりんごのシーズンになると、庭のリンゴの木から落ちたウィンドフォールアップルを集めて、『ご自由にお持ち帰りください』と道路脇に出しているお家が結構ある。

そんなわけで、『ウィンドフォール・アップル=秋』というイメージが、勝手に頭の中にあるのだけど。

もちろん、イギリスでも夏はまさに始まったばかり。
でも、すでに赤くなり始めたりんごの実を目にすると、確実に季節は前に進んでいるんだなあと、当たり前のことをしみじみと確認してしまうのだ。



b0059962_2443741.jpg

我が家の庭のニジェラも、ようやく花が咲き始めた。
猛暑の間、毎日せっせと水巻した甲斐があったというものだろうか。
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-07-13 02:45 | イギリスの自然
猛暑、来る
週明けから、初夏からいきなり盛夏へひとっ飛びしたような猛暑が続いている。

南部では公式に熱波注意報が出ているくらい「あぢ~!!」日々なのだけど、私の見たところどうもこれは気温だけの話ではないようなのだ。

『世の中が“熱くなっている!!”』
そんな気がしてならない、この数日のイギリス。

まず、先週末に開催された恒例のグラストンバリーでの野外コンサート
毎年大物が出演して話題になるのだけど、基本的に物々しい音楽に耐えられなくなってきていたので、いつも蚊帳の外だった40代の私。
でも今年はちょっと違っていた。
再放送を見て、オンラインでのダイジェスト版もしっかりチェックした。

続きを読む
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-07-01 17:38 | 英国事情
オープン・ガーデン訪問記


b0059962_00332.jpg

先週、久しぶりにオープン・ガーデンを訪ねてみた。

数年前、家を購入したばかりでガーデニングに真剣に取り組んでいた頃は、6月~7月にかけてローカル新聞を念入りにチェックしては、オープンガーデン巡りをしたものだった。

そんなガーデニング熱も今ではすっかり冷めてしまった。
なによりもオープン・ガーデンのほとんどが郊外の一軒家なので、渋る夫にいちいち車で同行をお願いする面倒もあって、すっかり足が遠のいてしまっていたのだ。

続きを読む
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-06-29 00:08 | イギリスの自然
癒し系レシピ~その1~
この数週間、どうも40代の女性ならではの体調・ムードに悩まされていた。

朝起きるのがつらい、なんだかどよーんとする、やる気がでない。

何時もと違うのは、やたらイライラ・カリカリして、ちょっとしたことに腹が立って仕方がないのだ。
ヨガをやっても、温めのお風呂にラベンダーオイルを入れて入っても、オンライン・ショッピングをしてもダメ。

下り坂を転がるように落ち込みムードに巻き込まれる前に、そして怒りのあまり近所に顔向けできなくなるような暴力沙汰(?)を起こす前に、何か「あ、楽しいな。明日が楽しみだな」と思えることをしようと考えてみた。

週末のガーディアン紙の料理ページを見ると、ストロベリー・スコーンが載っている。

もちろん、ライターはこのブログに何度も登場しているHugh Fearnley-Whittingstall。そして、このスコーンが定番風のものではなく、クリーム入りのレシピ

続きを読む
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-06-23 23:43 | キッチン
夏の味覚と干し野菜を楽しむ
先日パールの暴走に冷や汗をかかされたあと、一日一本のバスに乗って出かけたのが隣町での月一回のファーマーズ・マーケット。


b0059962_2342336.jpg

イギリスでは、今や各地でこの手のマーケットが盛んになっているけれど、隣町のマーケットはすでに5年ほど続いているもので、パールが我が家に来る以前は手軽なお出かけとして楽しみしていたものだ。

特にベリー類や野菜が豊富になる初夏から秋にかけては、のんびりと並べられた食べ物や花の苗を眺めつつ、半日の外出を満喫したものだった。

つづきを読む
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-06-20 23:11 | キッチン
忙しいぞ、主婦
ガーデニングに費やす時間が増えているせいか、日々がどんどん過ぎていく。

蜂も忙しそうだけれど、私もかなり忙しい。


b0059962_0365040.jpg



b0059962_037987.jpg


庭をさーっと見回すと「あ~、やる事が山ほどあるよ、これ」と意欲をくじかれてしまうので、「今日はこれとこれを。明日はあっち側を。向こうの一角は来週中に片付けるってことで」という具合に、仕事を細分化して箇条書きのメモを作り、一つ一つ片付けては消していく方式を取っている。

メモに含まれていない作業は、気になっても後回しにすること、これが原則である。
そうしないと、「あれ、ここも?あっちも!うがぁ~!!」とパニックになってしまうから。
ガーデニングでパニックになると、「もうやってられんもんね!!」とショベルを投げつけてしまいたくなる衝動にかられるのだ。
のんびり・じっくりと取り組む。
これが、ガーデニングを長続きさせるコツである。コホン。

続きを読む
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-06-19 00:45 | 飼い主日記
| ページトップ |
"springleaves" Skin
by Animal Skin