Top
<   2008年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
落ち込む自分と付き合う法
b0059962_5485173.jpg
冬が深まってきたぁ~。

週末も寒かったけど、今朝の頬に感じる風の冷たさと言ったら!
これでカランと冬の青空が広がって、霜柱がキラキラと朝日に輝いて、などという状況ならそれはそれで“冬の醍醐味”みたいなものを感じるもの。でも、こう毎日どんよりと暗い天気では....。
午後も3時を回るとあっという間に暗くなって、「あ~、今日も一日があっという間に暮れちゃったねえ」などとパールに話かけながら、薄暗い通りをとぼとぼと散歩する今日この頃。

こう言う時、私はとてつもなくホームシックな感覚に襲われてしまう。

イギリスに暮らし始めて以来、毎年毎年この時期(11月後半から12月)が一番やり切れない季節だった。
周りはまさに国中がクリスマスへ向かって大疾走と言う感じで浮足立っているし、クリスマスプレゼントの買い物だのクリスマス・ディナーの準備だのと、「もうスケジュールが詰まって詰まって!!」と半分うんざり、でも明らかにうれしそうにしている人々を見ると、「私はここに所属してないんだな」という、何とも言えないヒヤリとした気持ちを味わうことになるのだ。

More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-11-25 05:56 | 飼い主日記
スキン試作
b0059962_15964.jpg


b0059962_1593070.jpg


b0059962_2252826.jpg

[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-11-22 01:59
今日の犬語録
パールの近況報告です。

昨日はものすごく久しぶりに人間のお母さんが外出したので、独りでお留守番でした。

ここんとこ、人間のお母さんはなんだか寂しそうで元気がなかったのだけど、帰ってきたら随分うれしそうでした。4時間も独りで過ごすのは慣れてないんだけど、お母さんの機嫌がよくなったから良かった良かった。


b0059962_055075.jpg

昨年のクリスマスに買ってもらったお気に入りのおもちゃを、もう一つ買ってきてくれました。


b0059962_055191.jpg

アニスというハーブが入っているのだそうです。


b0059962_0553519.jpg

これが傍にあると、安心できるんですよね。




今日は人間のお父さんが家に居て、なんだか急に賑やかでうれしいな。


b0059962_056788.jpgお父さんのお昼ごはんをちょっとチェック。


b0059962_0564871.jpg
フィッシュ&チップスだって。
お母さんは「う!油臭い!!」とか言ってます。
これ、時々道に落ちているのを食べようとすると、お母さんに叱られるんだけど、美味しそうな匂いだなあ。


b0059962_05712100.jpg
くんくん。お父さん、食べきれなかったらいつでもお手伝いしますよ。

[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-11-22 01:01 | 犬日記
いつまでもヤセと思うなよ
今朝、いつものようにラジオ聴きつつ支度をしていたら、『イギリスで飼われている犬の3割が太り過ぎ』 というニュースがちらりと耳に入った。
この話題だったんですね。
英国の太った犬猫8匹、ペット「痩身コンテスト」に出場
ロイターの英文サイトを見ると、このチャリティー団体PDSAの専属獣医が「イギリスの犬オーナーは、犬に対する気持ちを不健康なトリート(食べ物によるご褒美)で表すことが多い。例えばチーズ、バタートースト、ビスケットを与えたりして」と書いてある。
たしか私の聴いたインタビューでは、「チップス(フライドポテト)、チーズ、そしてスコーンなどを与えて」とコメントしていた気がするのだけど。
どうでもいいような事だけれど、後者の3品の方が“いかにもイギリス人犬オーナーが与えそう”という感じがプンプンすると思うのは私だけ?

More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-11-19 02:39 | 犬日記
冬の野菜と言えば
前回ワインの話題を書いたので、その続きでもうひとつ。

いくらワインが好きでも、この組み合わせはどうかと思うんですけど....。
『ワインほうとう』
記事を読むと、“煮込むとワインの風味は感じないが、ザルにするとワインの香りが引き立つ”そうなのだけど、ん~、それって美味しいものなのだろうか?
水をさすようで悪いけど、日本食とワインって風味の取り合わせを考慮する必要があると思うのだけど。
辛口の白ワインなら精進揚げなんかによく合うと思うのだけど、お寿司・お刺身に合わせるとなると好き嫌いが分かれると思う。
でも、赤ワインはねえ、難しいと思うんだな~。
特に日本食特有の調味料とかダシ関係が、赤ワインには合わないと思うんだな~。
ほうとうって味噌味ですよね、これ。ワインと味噌ってどうなのかなあ~。私は引いてしまいそうな気がする。

More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-11-18 00:17 | キッチン
ワイン講座~入門編
突然ですが、あなたは赤ワイン派?それとも白ワイン派?

私はもう20年近くず~っと家でも外でも白ワインを通してきた筋金入りの白ワイン愛好家なのだけど、最近ようやく赤ワインの味わいに開眼し「君も大人の味覚がとうとう分かる年になったか....」などと夫に言われている今日この頃である。

で、前置きはこの辺にして、そんな白ワイン好きの私にとって一番頭にくることがある。

それは、ぬる~~い白ワインを出された時!!050.gif

More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-11-14 02:55 | 飼い主日記
手作りは美味しい
一日中、夜のように暗く雨が降り続けるひどい天気。
そこで、体力も回復してきたことだし、この余力を利用して今日は料理に力を入れてみた。
b0059962_2250181.jpg

まず、玉ねぎのピクルス。
料理かい、これ?と突っ込まれそうだけれど、最近の“マイブーム”なのだ。
膝の痛みに悩まされ藁をもつかむ思いで「何か自分できる家庭療法はないだろうか?」と古い雑誌ひっくり返していたら、数年前のクロワッサンの美容特集号(何を隠そう、私は美容関連記事に弱い)の中に、くればやしよしこさんの記事が載っていた。

More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-11-11 22:57 | キッチン
恐怖の一夜のあとで
お待たせしました。
Guy hawkes nightの結果報告で~す!
diffuser は効く
説明書には“遅くてもイベント(花火)のある1週間前には、diffuserを使用し始めること”と書いてあったので、当日まで3日と迫った状況で使い始めた私としては「まあ...効けばラッキーってとこか?」くらいの気持ちでいたのです。

種明かしをすると、当日の夜は悪天候だったせいか予想外に“参加者”が少なかったらしく、「パンパンパン!!!」という例のうるさい炸裂音が聞こえ始めたのは午後5時。それも遠くの方からたま~に聞こえてくる程度のもの。平日この家の周辺が寝静まる午後9時過ぎには、いつも通りの静けさが戻ってきました。拍子ぬけするくらいに。
それでも、パールにとっては恐怖度は十分だったらしく、最初の炸裂音がするや否や急に落ち着かなくなり、キッチンを行ったり来たり。
私がトイレに行くと一緒に入りたがる。2階へちょっと上がると階段の下から悲しそうな鼻声を出して呼ぶ。夕食の準備を始めると、いつもの自分の寝場所ではなく私のすぐ足元に所在無げに座り込む。

More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-11-09 19:17 | 犬日記
変化が起きる日? Bang!!
世界中のあちこちで、今日はアメリカ大統領選の話題がトップニュースなのでしょうね。

歴史的にも深い関係にあるイギリスは言うまでもなくこのニュースで一日中もちきり。何よりも特徴的だなあと思うのは、誰もが期待に溢れているという反応を示しているということ。
もちろん、「ここはイギリスなんだ。どうしてアメリカ大統領の話題をこうも長々とやるんだよ。BBCもいい加減にしろ!!」という怒り・抗議の声も寄せられているそうだけれど、まあまあそうカリカリせずに。
数時間も行列に並んででも一票を投票しようという多くのordinary peopleの気持ちに思いを馳せれば、アメリカ嫌いが転じて、アメリカに何もかも従い真似をしているかのような日本事情に背を向けるがためにヨーロッパを目指した私でさえも、この曲を思わず口ずさみつつ未来に期待をもちたくなるってものです。


More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-11-06 02:12 | 飼い主日記
年末お買いもの情報 animal
あ~、もう11月ですか。
なんだか調子悪いな~とか、落ち込むな~などとため息をつくことが多い日々だった2008年もあと60日を残すだけなのねえ。しみじみ。

体力&食欲が低下気味の日々で、唯一生き残ったのがわずかな物欲。
このところ立て続けにオンラインショッピングをエンジョイしていた私。イギリスではクリスマスが近づくにつれて郵便事情が悪くなるので、その前に必要な物はがっちり買っておこうという訳で、まず来年こそは!とずっと考えていた献立日記用のダイアリーを買った。
毎年思うことだけど、手帳類ってどうしてこうも割高なのでしょう?
日本にいる時も、フランスで暮していた時も、あの手の文房具を「高ーい!」と感じた記憶はないのだけど(だからこそ、毎年なんらかの手帳を買っていたはず)、どってことないデザインの長方形・薄型のダイアリーを£5以内(1000円程度)で探そうと思うと、これがなかなかの大仕事になるのだ。
毎年この時期、オックスフォードに出かける機会があると、中心部の某チェーン文房具店に入ってダイアリーを物色するのだけど、どれこもこれも高いのなんのって。特にオックスフォード大学生向け?に、カレッジのマークだのタームの日付だのが入った薄っぺらの手帳が£10近くするっていうのは、あれはどういう訳なのだろう?
そんなわけで、もう何年も手帳・ダイアリーは一切買わず小型のノートで代用していたのだけど、やはり日付が入って年間・週間の予定がぱっと見渡せて、ついでになんらかの役に立つ情報も掲載されて、なんていう手帳があったらなあとずっと考えていたのだ。
特に、献立日記は夕食のメニューのアイデアが浮かばない時、過去の記録を読み返して参考にしたり、季節ごとにどんな食材で何を作ったかという記録を長期的に残しておけたらいいなあと言う思いもあって、「いつかは、いつかは....」と練りに練っていたプロジェクトでもあったのだ。

More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-11-02 00:40 | 飼い主日記
| ページトップ |
"springleaves" Skin
by Animal Skin