Top
カテゴリ:英国事情( 8 )
Top▲ |
フローズン・ブリテン
いやはや、イギリスの今年の冬はどうしちゃったのでしょう?!




b0059962_2235369.jpg
→1月7日のイギリス、サテライト写真。(提供BBC)
真冬日(日中の気温が零度以下になる日のこと)が毎日のように続き、雪もほぼ一日おきくらいにぱらぱらと降り続いている。
村周辺の道路状況が悪いのか、それともシステム自体が混乱しているのか、火曜日に回収されるはずのゴミの山はそのまま。
年末からの“持ち越し分”のせいで、あちこちで蓋が閉まらないゴミ箱からのおこぼれが路上に散らばり、なんだかスラムみたいなのだ。



秋~春にはフットボール、夏はクリケットに使われるグランドもこの通り↓。


b0059962_294846.jpg

更に村の住人達の恐怖心を煽っているのが、唯一のスーパーである生協の棚が日に日に空っぽになり、それが何時までたっても満たされないという事実。
噂によると、昨日の朝8時頃に入荷した牛乳は昼前にはぜーんぶ消え去り、今朝夫を偵察にやった結果によると「生鮮食品も乳製品も何もかも空っぽだった」とのこと。
缶詰やトイレットペーパーの類も底をつき始めているらしく、これでは“自然災害下の緊急事態”ではないですか。

小・中学校&保育園はすでに3日間閉鎖されている↓。


b0059962_2101972.jpg

小規模の店ではあるけれど、この村を中心その周辺の村々を少なく見積もっても100世帯以上はこの店に頼っているんだから、もう少し事前に準備するとかできないのだろうか?
24時間まったく在庫無しって、21世紀のこの世の中でちょっと許されないんじゃないの!?とだんだん私も落ち着かなくなってくる。

つづきを読む
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2010-01-10 02:26 | 英国事情
猛暑、来る
週明けから、初夏からいきなり盛夏へひとっ飛びしたような猛暑が続いている。

南部では公式に熱波注意報が出ているくらい「あぢ~!!」日々なのだけど、私の見たところどうもこれは気温だけの話ではないようなのだ。

『世の中が“熱くなっている!!”』
そんな気がしてならない、この数日のイギリス。

まず、先週末に開催された恒例のグラストンバリーでの野外コンサート
毎年大物が出演して話題になるのだけど、基本的に物々しい音楽に耐えられなくなってきていたので、いつも蚊帳の外だった40代の私。
でも今年はちょっと違っていた。
再放送を見て、オンラインでのダイジェスト版もしっかりチェックした。

続きを読む
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-07-01 17:38 | 英国事情
Talk about rubbish
猛暑”が続くイギリスですが、みなさんいかがお過ごしですか?

毎朝、朝に弱い私が7時半から犬の散歩をし、涼しいうちに庭の植物に水やりをして、いう日々を3日続けたら、正直ちょっと夏バテ気味。

なんだか毎日頭がぼんやりして、何をやってるんだかどうにも非生産的な日々が過ぎていくばかりである。

さて、そんな老いを感じる頭に更に面倒なことが今週は降りかかってきた。

ゴミ収集方法の変更、それもこれまでの“適当にわさわさと袋に詰めて捨てときゃいいんだってば”というなげやりな方式からの大改革。

新しいwheel bin(こんな感じです→)を3種類導入するという大胆な試みが、オックスフォードシャーに導入されることになったのだ。
b0059962_23181510.jpg

続きを読む
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-06-02 23:24 | 英国事情
聖ジョージの日
今日4月23日はイングランドの守護聖人である聖ジョージ(Wikipedia.jpによると、“ゲオルギウス”となっている)の日。

日本ではむしろ『サン・ジョルジュ・ディ』と言う名で、本屋さんがひと儲けできる日としてすっかり定着しているようだけど、イギリス(いや、あえてイングランドと言わなくちゃ!!)では、この日は至極真面目に「イングランド人であることの意味とは?」などという議論を交わしたりする『国民的記念日』として捉えられいるのであ~る。
今や世界各地で盛り上がりを見せるセント・パトリックデイに対抗心を燃やしているのでは?という気がないでもないけれど、数年前から「St George's Dayには、イングランド国旗(これです→)を掲げるべきだ!」と言う声が次第に高まり、関連イベントが催される地域もある。
b0059962_22122722.gif

で、うちの村でも数年前から村の商店のオーナー達によって、聖ジョージ週間なるものを開催し、村の経済発展に一つ役立てようではないかというアイデアが出され、ここ数年ちょっとしたイベントが行われるようになった。
実際に、催し物があったのは先週の土曜日で、これが→イベント開催お知らせのポスター。


b0059962_22125438.jpg

つづきを読む
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-04-23 22:18 | 英国事情
サミットとソーダブレッド
急な話なのだけど、週末に一泊でちょっとお出かけすることになった。

たいてい、我が家の“外出計画”と言うのはこんな具合だ。
急に決まって、バタバタと数日で全ての準備をし、出かける当日にはへとへとになって家を出る。
これもすべて、夫の『思いつきで生きてます』的な行動のせいなのだけれど。

そんなわけで、この数日間はパールを預けるケネル(犬ホテル)の問い合わせ&予約だの、宿の手配だの、冷蔵庫の残り物片付け作業だの、溜まった洗濯&アイロンかけ作業だので大忙し。
正直、今朝は布団から出るのが苦痛なくらいくたびれていたのだ。

でも、夫と水入らずの一泊旅行なんてほぼ2年ぶり。パールに寂しい思いをさせて行くのだからその分しっかり自由時間を満喫しなくてわ!と思っている。
ついでに、この1週間ほど膝の痛みがまた復活してきたので、丁度よい休養になればいいかなとも思っている。

さて、そんな日々の中イギリスはG20サミットの話題一色だった。
そして、話題の一番の中心は何と言っても“オバマ夫妻”。
選挙運動の頃から「いいなあ~」と好印象を持っていたけど、すっかりミシェルさんに魅了されてしまった。
彼女の存在は、明らかにイギリス国民の間での氷のように硬い“アメリカ人卑下・嫌悪”の気持ちをじんわりと溶かしたに違いない!
あの自然な振る舞い、そしてさりげない笑顔。
普段はあまりこの手の政治ネタに興味のない私も、朝からBBCのニュースサイトで『ミシェルさん、エリザベス女王に会う』とか『ミシェルさん、病院を訪問』とか『ミシェルさん、あまり好きではない紅茶を飲む』なんていうビデオを熱心に見ている始末。

つづきを読む
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-04-03 03:22 | 英国事情
冬将軍来る!!
昨夜から、イギリスのメディアは「寒波が来るぅ!!雪が降るぞぉ~!!!」とかなり大げさに騒いでいた。
今年の冬は年明けに早々に1週間ほどのBig Freezeを経験したイギリス南部なのですが、今回はほぼ20年ぶりの大雪が東部・南東部(オックスフォードシャーは南東部ってことになっている)に降るだろう、という予報が出されていた。
「ほー。じゃあ、明日の朝は雪かきだな。道産子の雪かきスキルを披露してみるかい」と張り切っていた私。

朝7時。たしかに、通りも家々の屋根も夜のうちに降った雪に覆われていはいる。でも、積雪量はそうですねえ、どう見積もってもせいぜい2センチ。



b0059962_23494572.jpg


More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-02-02 23:58 | 英国事情
テクノロジーを遠く離れて~後編~
さて、しつこいようですが“電話線ぶっち切れ事件”の顛末記です。

金曜の昼になって、ようやく夫が“きっと簡単なDIYで直せるよ”と当てにしていたハンディマン氏がやって来た。
窓からぶら下がっているケーブルを見て一言。
「これはBTじゃなきゃ直せないよ。すぐに電話した方がいいよ。今日は金曜だから急がないと、来週にならないとエンジニアは来てくれないかもしれないよ」

ここからがひと騒動。
BTに連絡しようにも電話は無し&オンライン無し。携帯をいざ使おうとすると「クレジットが切れました。トップアップしてください」のメッセージ。キィ~~~~!!こういう時に限って何もかもが一度に駄目になるのはなぜなの!!

これはもう人様のお情けに頼るしかないわ。
私は通りをはさんでお向かいに住むHさん宅へ走った。
彼女は『イギリス人のお宅に滞在して英語を学ぶコース』のベテラン教師で、長期休暇になると日本人を含む数人の外国人学生をホームステイさせている人なのだ。お互いに家の鍵を交換して“何かあったら家をチェックし合う”という風な、まあギブ&テイク的な隣人付き合いをさせてもらっている人。

彼女は「さあさあ、遠慮しないで電話を使ってちょうだい。旦那さんの携帯にも連絡したい?心配しないでどんどんかけなさい」とイギリス人のこの年代の人とは思えないくらい、寛大に電話の使用を許してくださった。

お陰様でBTからエンジニアを手配してもらい、無事全てが終わったのが午後5時過ぎ。そしてこうして晴れてブログをアップしているのです。フレェ~イ!!

ところで、ケーブルが切れた原因ですが、エンジニア氏の話では「これは明らかに誰かが故意で引っ張って切ったみたいですね」だと....。033.gif
本来なら第三者によるダメージの場合、約£250(約32,000円)の費用を請求されるのだそうだ。でも、どういうわけかエンジニア氏は特に費用のことにはふれず去って行った。
なぜ?夫が元エンジニアの誼、同じ業界で働く者同士ってことで、何か特別に計らってくれるように説得でもしたってわけでもないだろうし....。

ま、いっか。

ひとまず、これでようやく現代的生活に戻れるわ。う、うれしい!037.gif
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-01-31 02:48 | 英国事情
テクノロジーを遠く離れて~前編~
いやはや、お久しぶりでございます。

ブログをしばらくお休みしていたのですが、実は電話線が切れてインターネットに接続できなかったのです。

月曜の朝、いつものように天気予報(私とパール用)と道路情報(夫用)をチェックしようとインターネットに接続しようとしたら、「あれ、接続できない?」。出勤間際の夫に家の中のケーブルだの、PCの状態だのをチェックしてもらったのだけれど、これと言った異常が見つからない。
夫はあっさりと「きっとBT(ブリティッシュ・テレコム)側の問題だよ。しばらくほっておいてから、接続し直してみなよ」と出かけてしまった。テレコム業界でほぼ20年近く働いてきた夫は、BTの内情を理解できているせいなのか「やれやれ、またかよ」くらいにしか思ってないみたい。

More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-01-31 02:29 | 英国事情
| ページトップ |
"springleaves" Skin
by Animal Skin