Top
カテゴリ:飼い主日記( 67 )
Top▲ |
お買い物で気分転換
調子悪いなあ~、という日々ばかりだった9月が終わり、10月の声を聞いた途端なんだか急に寒くなってきた。

昨日の朝、雨の中を渋々パールの散歩に出かけると、毎日のように通るゲートの所で突然パールがストライキを起こした。
たしかに、この“問題の”ゲート(kissing gateと呼ばれるタイプのもの)はパールを飼い始めた頃の第一関門だったもの。でも、今まで何一つ問題なく通り過ぎていたのに、なぜこういう時に限って!?
リードを少しきつく引っ張ってみたり、一旦数歩後戻りしてから再チャレンジしてもダメ。どうなだめすかしても、彼女は頑としてそこを通り過ぎるのを拒否するのだ。
普通なら「OK。じゃあ他のルートを通って行くか?」となるのだけど(私の周りの先輩犬オーナーはこういう場合“そういう時は、引きずってでも通らせないとダメ。誰がルートを決めるボスなのか、犬に教え込まなくちゃダメじゃないの!”と言うだろう)、その日に限り私は一気にカチンときてしまった。
困惑するパールをぐいぐい引っ張って、家にまっすぐUターン。
実はその前夜、夫とのやり取りが原因で怒り・悔しさ・不安などが一挙にぐるぐると頭の中に渦巻いて、数時間しか寝ていなかったのだ。
寝不足の時の私の不機嫌レベルというのはかなりなものだけれど、同時にパールの行動に対する自分のやや大人げない腹の立て方に「あ~、私ってストレス溜まっているかも」としみじみ自覚したのだった。

More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-10-02 01:27 | 飼い主日記
体力回復への道
なんだか仰々しいタイトルだけど、まだ体調が元に戻らず何をするにも朝から晩まで「よっこらしょ」とカラ元気を出してかからないと、何もしないまま一日が終わってしまうような日々を過ごしている。

昨日今日とひどい頭痛が加わって、こうなるとさすがに気力だけ乗り越えていくのがきつくなってくる。

昨日の夕方、冷蔵庫があまりに空っぽなので渋々村のコープへ買い物へ出た。
あまりの選択肢の無さにため息をつきつつだらだらと棚を見ていたら、だんだん体がふらふらしてきた。
今朝は久しぶりに秋の青空が広がっていたので、「そろそろ普通の散歩をしてやるか」と1時間半ほどのルートを選んで歩いていたら、途中で頭がくらくらしてきた。

More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-09-26 23:42 | 飼い主日記
体もメンテナンスが必要なのだ
先日、以前から気になっていた右肩&右膝の痛みの解消になればと思い、スポーツ・マッサージを受けに行った。

リフレクソロジーは友達がやっているという点で、気軽に定期的に受けているのだけど、本格的に“痛みを治癒する”ことを目的としたものは今まで一度も試したことがなかった。
イギリスは日本のようにハリ・灸・マッサージによる治療はまだまだ一般には理解されていないせいもあってか、例えばこの肩と膝の痛みをGP(かかりつけの医師)に相談したならば、彼らの答は99%の確率で「pain killer(鎮痛剤)ですね」だろう。あるいは、消炎剤のようなものを処方されるかもしれない。
そんな訳で、これまでストレッチをしても痛みやだるさが取れない場合は、アロマオイルのお風呂に浸かり、日本から送ってもらったサ○○パスなどを貼ってごましていたのだ。

More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-09-25 01:39 | 飼い主日記
今週も独り暮らし
日曜の朝6時半。
金曜の夜に出張から戻ったばかりの夫を、再び次の出張へと送り出す。
 
出張の多さにはもう慣れっこだけれど、今朝のような日曜の早朝出発の場合なぜか“独りになる寂しさ”レベルがぐっと上がるような気がする。
なんのかんの言っても、イギリスも日曜日はまだまだ古きヨーロッパ方式。
店は閉まり通りはシンとして、周りから聞こえてくるのは“家族の声”。そしてどこからか漂ってくるのは、早々とサンデー・ランチ(ローストチキンやローストビーフの類の肉料理。家族が集まって日曜に食べる伝統的な習慣からこの名がついているらしい)の支度をする匂い....。

More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-09-22 22:10 | 飼い主日記
一人で歩く楽しみ
どうしようかなあ、とさんざん迷った末にウォーキング・クラブに参加することにした。
短め(7マイルくらい)のルートだし、何よりもパールは他の犬達にしばらく会ってなかったことだし、と底を尽きかけている体力&気力をかき集めるようにして家を出た。

この村から出発する時のスタート地点になるいつもの場所へ行ってみると「あれ?誰もいない」。そこには、草をはむ牛の群れがいるだけである。
たしかに5分ほど約束の時間に遅れてはいたけれど、ここはイギリス。5分の遅刻は遅刻のうちに入らないし、たいてい誰かがちょっと遅れてやって来る(車を停める場所が見つからなくてぇ~!という理由が一番多い)のは日常茶飯事である。
「もしかして誰も集まらなくて中止になったのに、メイルで連絡くれなかったのかな?」と思い、更に10分ほど待ってみることにした。


More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-09-18 00:27 | 飼い主日記
イギリス式鬱の過ごし方
なんとなく調子が悪いなあ、なかなか“本調子”に戻れないなあと思っていたけれど、昨日あたりからだんだん精神的に「これって我慢の限界かも?」というサインが出ているのに気が付き始めた。

正直に明かせば、10数年になるイギリス暮らし中にかなり深刻なうつ状態に陥ったことが何度かある。
今となれば、それぞれに”引き金”となる原因があって、初期の時点でなんらかの対策を取ればたぶんそれほどひどい状態にはならなかっただろうなあ、という程度のもの。
周りの友人達(イギリス人女性)の話を聞いていると、誰もかれも人生のどこかで鬱になって、GP(イギリス医療制度下のかかりつけの医者の呼び名)に相談してカウンセリングを受けた、という過去のある人はかなりの数いる。
「え、あなたが?」と思うような、いつも笑顔でバリバリに元気の良いCさんは、二人目の子供を産んだ直後からかなり重症な鬱になり、今でも普段の生活を続けながら時々症状が出ると薬のお世話になっている、とかなりオープンに周りに話している。


More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-09-16 02:11 | 飼い主日記
雨、雨、雨のこんな日々
相変わらず雨続きのイギリス。
9月に入って以来体調面でも精神面でもどうにもしんどくて、ブログUpもなかなか快適に進まない日々である。

ひとまず近況。

すでにオーガニック・コスメに切り替えて数年経つのだけど、最近のお気に入りはこれ。
b0059962_23205646.jpg

以前ラインで使っていたこの会社の製品開発に携わっていたドクター(イタリア人)と、某ホメオパシー研究所のコラボで開発された物らしい。


More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-09-09 23:35 | 飼い主日記
情けない週明け
典型的なBlue Mondayで始まった、9月最初の月曜日。
8月中続いた悪天候の最後を飾るにふさわしく(?)、この週末も奇妙にムシムシとして雨が降るという、どうにも不快な天気で終わった。

そういう気分を引きずってしまたのか、今朝は青空が広がっていたというのにどうにも憂鬱な気分。
今日は先週お休みだったヨガが再開する日だ!と自分に活を入れ、早めにパールの散歩に出る。
外に出ると、空気の温度が突然数度下がったかのような、冷やかな朝の空気が待っていた。

こういう気分の時に限って、知り合いに出くわすもの。
前方50メートルほどを、Retired greyhoundのオーナーである某さんがゆっくりと歩いていく。実はこの村の住人でグレイハウンドのオーナーは私を含めてたったの3人。私以外は元レース犬を引き取っている人達だ。
(ここでちょっとRetired greyhoundについての説明:イギリスでは、レース犬として飼われていたグレイハウンドが引退すると、たいていretired greyhound専門の保護センターに引き取られ、希望者が現れればペットとして余生を送るというルートを辿る。グレイハウンド・レースはイギリスでは2番目に観衆の多いスポーツなので≪注:トップは言うまでもなくフットボールである≫引退する犬の数もかなりのもので、全ての犬がハッピー・リタイアメントを迎えるわけではない。残念なことだけれど)
他のグレイハウンドに出会う機会があまりないので、うれしくてはしゃいで飛び跳ねるようにして近寄って行こうとするパール。
私は挨拶もそこそこに走り抜け、とにかく散歩を終わらせてしまうことで頭がいっぱいだった。


More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-09-02 19:30 | 飼い主日記
北欧雑貨その2
別にコレクションをするつもりはないのだけど、北欧雑貨がもう一つ増えた。

最近、某オンライン紅茶専門店からいくつかお茶を買ったのだけれど、この手のショップはたいてい茶葉専門。当然ティーポットが必要となる。

我が家のキッチンをさっと見回したら4個もティーポットがあるのに気がついた。
まず、一体何年前に買ったのか覚えてないほど古いティーポットが調理器の上の飾り棚の上に。
戸棚を開けると、ボデムでその値段の安さにひかれて買ったガラス製のティーポットがあり、かつてロンドン郊外にあったアジア系大型スーパー内の和食器専門店で買った急須ポットがあり、ついでに3年前に里帰りした時に実家の近所のお茶屋さんの“引き換えクーポン”でもらった小さな急須がある。
恥ずかしながらこのうち日常的に使っているものは....ゼロである。


More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-08-30 22:36 | 飼い主日記
我、立腹する故に買うなり?
先週はなんだか嫌なことばかり起きた。

その極め付けが隣人問題。
詳細はここでは省くけれど、『大人の国イギリスと子供の国ニッポン』なんていう本がたしかあったけれど、「冗談じゃない。イギリス人にだって子供みたいに振舞って周りに迷惑をかけても知らん顔っていう輩が大勢いるぞ!」と突っ込みたくなるような、そういう目にあったわけです。
やれやれ。
どこの国に暮らそうとも、どんな国籍であろうとも、自分を慎むというか、自分の言動を常に省みる寛大さ・心の余裕、そしてそういう風に頭を働かせることのできるインテリジェンスを失っては、もうどうしようもないっすね。

そんな度重なる嫌な出来事にいい加減キレそうになった私。
夫が在宅仕事をすると決めた金曜日、パールの散歩を早めに済ませオックスフォード行のバスに飛び乗った。
そして何年ぶりかに思いっきり“衝動買い”をした。

いやはや、すっきりした~。


More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-08-27 00:22 | 飼い主日記
| ページトップ |
"springleaves" Skin
by Animal Skin