Top
カテゴリ:飼い主日記( 67 )
Top▲ |
風邪引きさんのその後
b0059962_2262795.jpg
まずはお見舞いのメッセージ、ありがとうございました。

お陰ですっかり完治して....と言いたいところだけれど、いやはやこの風邪菌はしつこい。
ほぼ2週間経った今日でさえ、咳はでるし鼻はぐずぐず。食欲もまだまだイマイチである。

それでも、日々は過ぎて行く。
今朝は風もなく比較的温暖だったので(8度位まで上がったらしい)、今までで一番長い散歩に挑戦してみた。
自宅から一番手軽に行けるルートは、両脇を畑に囲まれている。で、パールはいつも同じポイントで立ち止まり、鼻先を道端の草に突っ込んでふがふがと匂いを嗅ぐのをお約束としている。私は彼女のその一通りの儀式が終わるまで立ち止まって待っているのだけど、今朝はふと「くんくん」と空気の中に何かを感じ取った。
何かが匂う。うん、これはまさに癒し系ならぬ、“肥やし系”の香り!
たぶんファーマーが春の種まきに向けて、馬糞か何かを畑に入れたに違いない。
「新年早々、なんて品の無い話!」などとご立腹しないでくださいませ。なんと言っても、これは私にはちょっとしたニュースなのだから。
別に堆肥の匂いがお気に入りってわけではなくて、匂いを感じると言う事はそれはつまり臭覚が戻ってきたということではないですか!
う、うれしい。

More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-01-14 02:36 | 飼い主日記
Big Freezeが去って
b0059962_1344510.jpg


2009年が明けてすでに1週間。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は新年早々、数年ぶりのひどい風邪を引き、悪寒・発熱・咳・喉の痛み・鼻水と言うフルコースを耐え抜く日々でした。
悪い事は重なると言うか、この1週間イギリスは記録的な寒波に見舞われ、日中の気温がこの南部でさえもゼロからマイナス付近をうろうろという日々。一昨日の夜は、国内最低気温(マイナス12度)が隣村で記録されるなど、まったく地球温暖化は何処へ行った?と文句を言いたくなるほどの寒さ。

北海道の内陸で生まれ育ち、ついでにカナダのケベック地方で半年暮らした過去を持つ私としては、「マイナス1度や2度なんて、どってことないじゃ~ん!落ちつけよ、イギリス人」と鼻で笑うのが常だったのに。
今回だけは、もう毎日毎日地獄のような苦しみだった。
この古い家の中ではいくら着込んでも寒く、夜中にトイレに起きるたびにそのあまりの寒さに「あ~、これが日本だったら....」と悲しくなった。そう、あの汗ばむくらいに暖房が存分に効いていて、暖かい便座&温水シャワー付きトイレのある日本の暮らし。
外に一歩でも出れば肺の奥がキリキリと痛くなり、その冷気で咳が悪化する始末。
夜は夜で、冬用の100%グース羽毛入り布団を掛け、首の周りには2重にタオルを巻き、長袖パジャマを着て足元にはレッグウォーマーを付けているのに、あまりの寒さに身動きが出来ないのだ。熱でぼんやりする頭で、「これって、雪に埋もれて遭難してだんだん気が遠くなっていく感じに似てるのかも」などと想像する私だった。

おかげさまで昨夜はようやく咳が静まって、呼吸困難になることもなく数日ぶりにまともな睡眠をとった。
気温の方も、今日はプラス3度まで上がりまさに小休止という気分。
食欲も少しづつ出てきて、さっきは久しぶりにパールを30分ほど散歩に連れ出すことができた。
でも、ルートの半分くらいでなんだか頭がクラクラ。家まであと1分の地点にある公園に辿り着き、ひどく咳き込み始めたので慌てて家に戻って来たのだ。ぜーぜー。

やっぱり、まだまだ油断ならんなあ。

そんなわけで、体力回復に向けてちょっとづつ日常生活を取りもどしている日々でした。
ひとまず、ご報告ということで。
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-01-09 01:36 | 飼い主日記
2008年が過ぎる
b0059962_23263136.jpg
今年はブログを再開したことで、思いがけず多くの方とブログを通して知り合いになれて、とても感謝しております。

このブログを訪問&コメントを残してくださった皆さん、本当にありがとう。

来年もどうぞよろしく。

寒さが厳しい日々ですが、どちらさまも健康にご留意くださいませ。

よいお年を。


2008年12月31日

mini_robin

[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-12-31 23:27 | 飼い主日記
年の暮の主婦のつぶやき
2008年もほんの数日を残すばかり。

イギリスはクリスマスと新年の間の、何とも言えない宙ぶらりんな空気に包まれている。
TVやラジオと言えば、目新しいクリスマス休暇特別番組的なものはほんのわずか。あとは、人気ドラマやコメディの再放送か映画の繰り返しで、これまたなんだか宙ぶらりん。
月曜の朝と言えば、朝の8時には車や人のざわめきでかなり騒々しい家の前の通りも、今朝はまるで日曜の朝みたいにシーンと静まり返っていた。おかげで9時まで寝てました。

でも、こんな雰囲気というのは、なんだかせーせーした感じがして、毎年この時期になると私は奇妙な充足感のようなものを感じるのだ。
色々あったけれど、そんな一年も暮れてゆくのね、と言った達観。
すべては橋の下を流れる水のごとく、と言った悟りの境地。
振り返ってあーでもない、こーでもない、あーしたらよかった、こーしたらよかった、と考えあぐねても遅いのだ。
ただ潔く、やってくる新しい年に思いを馳せるだけね...と、柄にもなくクールにつぶやいたりして...。

More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-12-30 01:34 | 飼い主日記
私流クリスマスの過ごし方
ふ~。
何も予定もないはずのクリスマスなのに、世間のざわめきに煽られてなんだかグルグルと忙しい一日だった。

毎年のことながら、肉屋の入口には人がはみ出すほどの行列。野菜マーケットや生協の店内には、メモを片手に目を三角にしてパニック状態で買い物をする人々。そして、狭い通りを埋める買い物客の車や、今年最後の配達をするトラックの列。

いやはや、こんな小さな村なのにこれだけの騒ぎですからね。これが都会ならどういう修羅場が展開していることやら....。
不況だ、リストラだなんだと言っても、人々はお金を使っているんですね。

More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-12-24 22:28 | 飼い主日記
クリスマスはお好き?
b0059962_275594.jpg
クリスマス直前の週末というのは、なんとも奇妙な雰囲気が通りに漂っている。

日曜の朝の散歩を終え、村のメインストリートにさしかかると、いつもはシーンと静まり返っているはずの通りに俄かに活気があふれている。
週3回の野菜マーケットを仕切るAさんの軽トラックが停まっている。見ると、マーケットの場となるタウンホール(とは言っても、20人も入れば一杯になる、木の床がギシギシする古めかしい集会場に小さなキッチンとトイレが付いているだけ)の一階部分には、野菜の箱がどんどん積み下ろされているところだった。

More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-12-22 02:17 | 飼い主日記
人間なんてララ~ララ~
b0059962_2392798.jpg
路上で知った顔と出会いちょこっと会話を交わした後、別れ際に「See you」と言う代わりに「Have a lovely Christmas!」と言い合うようになった今日この頃。
毎年この言葉を聞く時期になると、なぜか小学校の頃に『下校時刻になりました。用事のない生徒は家に帰りましょう』という校内放送のアナウンスを耳にした時に感じた、何とも言えない物寂しいぃ~気持ちが蘇ってくるのだ。

“外国人&非クリスチャン&義理の家族と上手くソリが合わない”という3条件が揃った私には、クリス・レアの唄みたいに『♬ Driving home for Christmas ♬』と言う風にウキウキと向かう家もなし。かと言って、誰かを迎えるべくディナーやらの準備で大忙しになる必要もなし。
いつもより余計に「よそ者なんだなぁ」感を強めつつ、ただこのドンチャン騒ぎシーズンができるだけ早く過ぎてくれるのを待つばかりの日々を送るのみ。

More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-12-18 23:12 | 飼い主日記
ある主婦の一日
b0059962_23582132.jpg
朝からムカつく出来事があったので、「ちくしょ~!スコーンでも焼いて“贅沢な“朝食でもするか!」とごそごそとベイキング。

頭に血が昇っていたせいで、レーズンを入れるのをすっかり忘れた。おまけに、「たまには別のレシピで作ってみよ」と初めて挑戦するレシピを使い、砂糖を少な目にいれたせいでなんだか薄味のスコーンになった。
悪運続きのついでに、今年のマイブームだった“ライム入りマーマレード”が切れている。涙をのんで蜂蜜をつけて食べる。なんだかしっくりしない味....。

More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-12-15 00:05 | 飼い主日記
犬の人生を引き受けるということ
b0059962_026612.jpg
一昨日から、パールの朝の散歩の距離を伸ばすことにした。

大丈夫ですか?と暖かいコメントを寄せてもらった“ちょっと変”だったパール。食欲も変わらないし、これといった表向きに目立つ症状もなし。
「これはやっぱり内面的なものかしらねぇ?」と思い、好天が続いたこともあって思い切って長距離の散歩を再開してみることにしたのだ。

このブログを読んできてくださった方は周知のことだけれど、数か月前から膝の軟組織を痛めている私は、理学療法士から「一日の散歩は30分程度にするように」と忠告を受けているのだ。そして、できる限り守ってきたこの3か月。
でも、パールの様子の変化はもちろんのこと、私自身30分程度で終了できる散歩ルート(自宅からスタートできるルートの選択肢は2つしかない)を毎日毎日繰り返すことに、正直うんざりし始めていた。

More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-12-11 00:50 | 飼い主日記
パーティー・イズ・オーバー
懸念のクリスマス・パーティーもなんとか終わり、からすカ~で夜が明けて、さて自問自答してみる。
「あれ?あの時何言ったんだっけ?」
「どうやって家に帰って来たっけ?」
思いだそうとしても、どう頑張っても何も思い出せない。そして、なんともいえない自己嫌悪感....。
お酒好きの人なら、きっと一度や二度は同じ経験をしているはず。

今朝の私はまさにそうだった。

それほど量を飲んだわけではないのに(と、言い訳)、いつもは白ワイン一本やりの私がどういうわけか赤ワイン、それも馴染みのあるフランス産ではなくてカリフォルニア産メルローなんつうものを飲み(今回のパブの白ワインのラインナップのひどさと言ったら....)、気がついたらボトル半分以上を空けていた。
069.gif

More
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-12-06 03:43 | 飼い主日記
| ページトップ |
"springleaves" Skin
by Animal Skin