Top
カテゴリ:飼い主日記( 67 )
Top▲ |
時々痛い、犬との生活
年齢的なことなのかどうか、この数カ月パールが闘争本能のようなもの表に出すようになってきた。
相手はもちろん猫。

この1-2ヶ月ほど、立て続けに小規模の“猫遭遇・パール豹変“事件が何度かあって、ある時は握っていたリードで指に火傷したかのような水ぶくれを作り、ある時は猫へ向かっていこうとするパールの前に“座りはだかろう(立ちはだかるので、股の間をすり抜けてしまうので、しゃがんでパールの進行方向をブロックしてみた)”として、思いっきり後方に突き飛ばされたりした。
b0059962_2243161.jpg
ガルゥ~


そして、じわじわーっと「こんな事が続いたら、いつか大きな怪我をする羽目になったりして...」と、奇妙な予感がしていたのだ。

やっぱり、女のカンなのね。

つづきを読む
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-06-06 02:30 | 飼い主日記
“ほんもの”の力 
今回もまたコスメ・ネタ。
腹が立ったので件のオーガニック・コスメを一部使用中止してみたら...
「あれ?肌の調子よくなったかも」。

b0059962_1193380.jpg
肌の表面にピリピリっと亀裂が入るかも?と感じるほどの“乾き感”。
まずは一刻も早い乾燥対策を!と、近場ですぐに入手できるブランドの中から、過去の使用で特に肌が反応(遺伝的なものだと思うのだけど、母はもちろん、私も姉も香料の強いものをつけると、肌がかゆくなったり湿疹が出たりするので、化粧品選びはわが家系の女性陣全員の悩みなのだ)しなかったものを、あれこれインターネットで検索しまくった。

で、目に留まったのが、ドクター・ハウシュカの新しいアンチ・エイジングのライン

このブランドの特徴と言えばもちろん、『夜のお手入れには、顔に何も付けない』。
佐伯チズさんが聞いたりしたら、青筋立てて怒りそうな“斬新”なメソッドが基本になっている。
その上、人によっては“酒粕臭い”などと悪評高い洗顔クリームに代表されるように、かなり奇妙な匂いが特徴で好き嫌いがはっきり分かれるブランドでもある。

つづきを読む
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-05-17 01:28 | 飼い主日記
私、怒ってます


b0059962_04877.jpg

もう水曜日だ。
一体今週は何やってたんだか。

月曜日は、日曜の夜中から明け方にかけて突然「ピーピー!」と鼻を鳴らしだし、キッチンをうろつき回るパールのせいで、3時間くらいしか眠れなかった。
のんきな主婦生活をしている私だけれど、それでも月曜日はかなり忙しい日。頭痛&めまいに悩まされつつ必死で家事をこなし、ヨガにも行ったけれど、正直ゾンビ状態だった。

そして、昨日は昨日で買ったばかりの化粧品にクレームをつける為に、半日もつぶしてしまったのだ。

続きを読む
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-05-14 00:17 | 飼い主日記
小さいけれど確かなもの
またまた“小確幸”的お買い物をした。

石鹸。


b0059962_2353377.jpg

以前からこのブログで紹介しているThe Naked Soap Companyのもの。

今週は日本に住む姉の誕生日で、この数カ月間、身上になにかとごたごたした出来事が続き、体調を崩してしまった姉に『ひと時の安らぎ』でも与えられれば、と思いラベンダー&オレンジの石鹸を注文することにした。

つづきを読む
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-05-09 23:58 | 飼い主日記
それぞれのお買いもの
夫がアイルランドへの一日出張で風邪を拾って来た。

時期が時期だけに大事をとって自宅仕事を決めたので、大急ぎで予約をいれて3か月ぶりに美容院へ行くことにする。
オックスフォードは外国人率が高い街だから、「ひょっとしてマスク姿の人でも?」とちょっと躊躇したけれど、それは無駄な心配だった。
買い物客と様々な国籍の学生が入り混じりあう、いつも通りの雑多で混雑したオックスフォードだった。

「今日は時間を気にしなくてもいいし、久しぶりにたっぷりお買い物でするかな!」といさんで銀行へ寄りお金をおろしてから、日本でも人気の某カジュアル系ショップへ2軒寄ってみた。
15分くらい見ているうちにうんざりしてきて、手ぶらで店を出る。
「あ、こういうの一枚あると便利かも」と思えるアイテムはある。値段も決して高過ぎず、サイズも合っている。それでも、あの程度の品質&値段にお金を使うのがどうにもバカバカしく思えて仕方ないのだ。
そしていつもように、「これに10ポンド払うなら、同じ金額を何度も読み返す本や美味し紅茶でも買った方がずっと気分いいな」と思えてくるのだ。

続きを読む
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-05-02 22:34 | 飼い主日記
私とピアノ
昨年の秋に、日本でもツアーを行ったキャロル・キング。
名前はピンとこない人も、「You've Got a Friend」
を一度は聴いたことがあるはず。

彼女の“伝説的”アルバム『タペストリー』が、ほぼ40年の歳月を経て今月再リリースされるということで、そのPRを兼ねてか、この1~2週間イギリスのラジオ・TVで頻繁に彼女の声を聴くことができた。
そして改めて、その曲作りの才能にただただ脱帽してしまった。


b0059962_20035.jpg

つづきを読む
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-04-18 20:01 | 飼い主日記
春のバースを訪ねる~その2~
バースの旅その2は、キャッスル・クームという村へ立ち寄った話。


b0059962_22275011.jpg

この手の観光地に関してはまったく無知な夫は、「聞いたこともなかった」そうなのだけど、村上春樹氏の名著『遠い太鼓』にも登場する大層有名なこの村。
この旅行記の中では、村上氏はたしか知人から「キャッスルクームは美しい村だから」と聞いて、バースで自転車を借りてキャッスルクームまでサイクリングする、というエピソードだったと思う。
実際に車で行ってみると「やっぱりフルマラソンをする人は体力あるなあ」と感心するくらい、素人さんが気軽にサイクリングしようと思うような道のり&距離ではないのだけど。

ひとまず、期待に胸を膨らませて村へ続く一車線の道を走って行くと…

「なにこれ?」

どう見積もっても200メートルはあるかどうか程度の一本道の両脇に、伝統的な石造りの家々が並んでいる。

それだけ。

つづきを読む
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-04-09 22:33 | 飼い主日記
春のバースを訪ねる~その1~
バースと言えば、ローマ様式浴場が超有名だけれど、実はラグビーの街でもある。


b0059962_0501738.jpg

夫の会社の引き取り先の関連でVIP席のタダ券が手に入ったので、一泊でバースへの小旅行と決め込んだわけです。


b0059962_0504040.jpg

初春のやや冷たい風が吹いているとはいえ、街は春真っ盛り。
ラグビー観戦には完璧なコンディションである。


b0059962_0505821.jpg

招待席は“ケータリング部門”にかなりの難があったけれど、ラグビーを観るには最高のセッティング。
イギリスでのスポーツ観戦と言うのは、背丈の点でハンディキャップが大きい日本人女子にはあまり楽しくないもの。でも、今回はだーれにも視界を邪魔されず、試合の成り行きをじっくり観察できた。
VIP席はゴールのまさにすぐ後ろに設置されているので、ペナルティーキックされたボールがボンボン飛び込んでくる近さ。なかなか迫力ある体験が味わえる。

つづきを読む
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-04-07 00:56 | 飼い主日記
色々あるお年頃
先週の初夏のような陽気は一体どこへ去って行ったのか。

今週は冬に逆戻りしたかのような、冷たい風がビュービューと吹付ける日々。長い冬を耐え、ようやく活動を始めた庭の植物も、蕾をぎゅっと固くしてこの寒さをやり過ごしているように見える。


b0059962_22524637.jpg


b0059962_2253108.jpg

つづきを読む
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-03-26 23:10 | 飼い主日記
熱くアイルランドを語る
二日酔いで目覚める朝。
昨日(土曜日)は、2009年度ラグビー・シックスネイションズの最終日。
そして、多くの予想を裏切ってアイルランドがなんと61年ぶりにグランド・スラム(すべてのリーグ戦に勝つこと)の快挙を果たした歴史的な日となった。
詳しいリポートはこちら

ラグビーというスポーツがまだまだマイナーな国(例えば日本)では、ニュースのスポーツ欄でも全く無視されていたけれど、今回のアイルランド・チームの勝利はアイルランドのスポーツファンはもとより、経済停滞に陥っている国全体にとっても、それはそれは重要な意味を持つ出来事なのだ。
b0059962_2312764.jpg

いや~、良かったなあ。思わず目頭が熱くなってしまう。

続きを読む
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-03-22 23:33 | 飼い主日記
| ページトップ |
"springleaves" Skin
by Animal Skin