Top
寒さ対策を練る
気分がすぐれないなあ~鬱かなあ~、などと思っていたら、どうも風邪をひいたらしかった。
“かった”と過去形を使うのは、金曜日から始まった具合の悪さも、お陰様で日曜の昼にはどうやら元通りになったから。

それでも、金曜は一日中悪寒・吐き気・頭痛がして、どうにも苦しかった。
用心の為にも週末は家に籠って、金曜日に出来なかった家事を片付けたり、TVでスポーツ観戦したり、届いたばかりのクロワッサン(もちろん、美容特集!)を眺めて過ごすことにした。天気も「夜か?」と思うほど暗く、雨やら霧やらが辺りをすっぽり包み込んでいるグレー・トーン一色。
b0059962_138370.jpg

土曜日は夫が珍しく一日中お出かけ。
10年ぶりに会う大学時代の友人とイングランド・ラグビー・チームの対ニュージーランド戦を観るためだ。
その間、体調の悪さでいまいち機嫌も良くない私と取り残されたパールは、居間の布団の上でふて寝。時々注意を引こうと近寄って来ては、じっと上目使いで私を見る。
「暗くならないうちに散歩に連れてってよ~」とでも言うように、ラグビーをTV観戦する私の前に座り込んでちらちらとこっちを見て、ちょっとした私の動きに反応する。





「風邪気味だし旦那は外出だし、今日の午後は布団にもぐって休養するか」と思っていたのだけれど、じっとしていると余計に気が滅入ってくるし、土曜の午後には少し元気も出てきたので、「寒風の中でラグビー観戦じゃあ、さぞ体の芯まで冷えるだろうに」とふと思い、夕食にミネストローネ・スープの準備を始める甲斐甲斐しい私。ついでに、前から試してみたかった『捏ねなくていいパン』というレシピでフランスパンもどきも作ってみることにする。体力がない時、こういう“ほっとくだけ”レシピは大助かり。


b0059962_141173.jpg

一緒に出かけた友人の親類が経営するパブで、フリー・ランチを楽しむことになっていたはずの夫。
「お腹空いたぁ~」と帰宅するなり言うので聞いてみると、ランチの内容はチーズ・バーガー一個だったらしい。「あれなら、お金払ってでもいいからもっとまともな物を食べたかった」と文句を垂れていた。
まあ、一般的にスポーツ観戦関連のケータリングの質と言うのは、国中どこへ行っても貧相&不味いのが当たり前なので、特にこれは驚くべきことでもないのだけど。

そんなわけで、初めて作った(ちなみに、お馴染み
Hugh F Whittingstallのレシピ)大鍋一杯のミネストローネはきれいにはけた。パンも思ったよりも食感は良く、全然捏ねてないのにイースト臭もなくて大成功。体調も回復してきたので、夫が帰り道に買ってきたロワール地方の赤ワインをちょこっと飲んだりした。
暖かいスープと赤ワインの組み合せだから、もう体の芯からホカホカである。

ところで、クロワッサンをパラパラとめくっていたら、こんな物を見つけました。
いいなあ~!これ!!
普段、この手の『1年後には飽きてどこかにしまい込む事になりそうな流行りもの電気製品』にはちっとも関心がないのだけど、これはちょっとぐらぐらっときました。
ちょっと体調が悪くて「寒いバスルームでお風呂に入るのはなあ」と思うような時に、これは使えそうな気がする!たったコップ1杯の水でスチーム機能が使え、ぬるくなってきたら追いだき機能なんてのもついているとか。
足浴って、冷え症や風邪気味の時に良いとよく勧められているけれど、バケツにたっぷり熱湯を溜めるだの、それが冷えた時の為に別に熱湯を用意するだの、はたまた水が周りに飛んだりしないか考えたりする面倒を思うと、なかなか日常的にできる習慣ではないですよね。
その点、これなら本当に気軽にできそうだ。いいな、いいな。

日本の電気製品メーカーの研究開発部並みとは言わないけど、イギリス企業も、もう少しその方面の努力を見習って欲しいものだ。

ハイテク製品がないイギリスなので、今夜も足元にはレッグ・ウォーマー、首にはタオルを巻き付けて暖を取りつつ、布団に入るのだった。



ふ~ん

b0059962_143351.jpg



ラグビーですか。

b0059962_143508.jpg




散歩はどうなったのかな。

b0059962_1441098.jpg




ちょっとぉ~。

b0059962_1442821.jpg




ふ~、やれやれ。ようやく終わった。

b0059962_1444459.jpg

[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-12-01 01:54 | 飼い主日記
<< クリスマスの準備開始 | ページトップ | 落ち込む自分と付き合う法 >>
"springleaves" Skin
by Animal Skin