Top
普通の日々がいいみたい
b0059962_0265364.jpg
夫が休暇中のせいで、曜日の感覚がすっかり薄れてしまっていたけれど、今日はもう金曜日なのだ。
普段より増加した毎日の食事の用意&後片付けに追われているうちに、なんだか日々が過ぎてしまった感じ。

今日も今日とて、私はいつものように起きだして犬の散歩を済ませ、先週はお休みしてしまったエクササイズクラスに行って来た。その間、当然のようにベッドでグースカ寝続けている夫よ....。


b0059962_0331523.jpg




エクササイズが終わってぐったりして帰宅すると、夫はすでに外出していた。
たしか今日は買い替えを検討中の車の下見に行くはずだったのでは? なにしろ、現在使用中の車は、ブレーキ系の警告ランプがいつも表示されている状態だし、この休暇中に下り坂で突然エンジンが停止するという事態が2度も起こり、「これは早いとこ買い替えた方がいいって」と話合ったばかりだったのだ。

キッチンに散乱している物から推定して、どうも夫は予定を変更して隣町の床屋→隣県のスポーツジムへ出かけたらしい。
私にだって予定ってもんがあるんですけど...。

まあ仕方無い。
今週は最初から『言いたい事はぐっと我慢して、夫にしっかり休養させよう週間』にしようと心に決めたのだから。
本音を明かすと、本来ならば今頃私が一人で3年ぶりの里帰りをして、北海道の秋の味覚を存分に味わい、温泉三昧してこの3年間に溜まった疲れを癒しているはずなのだった。
ところが、夫がその案に難色を示し始め、その度につまらない意地の張り合いや口論になって、結果的に私から「今年の日本行きはなし」と決めたのだった。
春先からすでに日本の母には「今年は日本に帰るからね!」と約束していただけに、この決断は結構きつかった。でも、あらゆる要素を考慮してさんざん悩んだけれど、やはりこの結論は正解だったなあと今は思う。
ほぼ丸一年出張に続く出張の連続で体力的にも精神的にもかなり疲弊していた夫も、このほとんど移動をしない1週間のおかげで、少しは息抜きができたことだろう。
もちろん、「やっぱり家にいることにしてよかったな~」などとは、たとえ思っても絶対口にはしない人だから、「ほらね~。だから私の提案に従って良かったじゃない」と突っ込みたいところをぐぐぐっと我慢して、「少しは気分が良くなった?リラックスできた?」などとやさしい言葉をかけ、夫の好みの夕食なぞをせっせと作る私なのだった。
誰も言ってくれないけど(そしてイギリス女性達にこの手の“東洋女性的”態度・メンタリティーを明かすとかなりのブーイングを食らうのだが)やっぱり三つ子の魂百までって言うんでしょうか...細腕繁盛記ものですよね、これって。ふふふ。

そんなわけで、からんと急に予定が空いたので、溜まってしまった洗濯に追われ、家中の掃除に追われ、留守番犬の仕事から逃れ私にずりずりとくっついて離れないパールに追われ、その合間を縫ってブログを見たり、たわわに実った隣家のタダ梨でコンポートを作ったりして過ごしている。

ぐるる~。一緒に遊んでくれぇ~。


b0059962_0303030.jpg


ラジオもTVも新聞も、イギリスのこの1週間はクレジット危機の悪化で始まり株市場の暴落という暗いニュース続きだった。あれほどhappy-lucky-goingで「心配いらないって。国がなんとかしてくれるんだから」という調子で延々やってきたこの国の人々も、ここへ来てさすがに、「これはちょっと財布のひもを締めてかからないとヤバいかも....」という危機感を感じ始めているようだ。
そういうご時世だからこそ、私は声を大にして言いたい!(って、なんか政治家の街頭演説みたいだけど)


みなさ~ん。よぉく聞いてくださぁ~い。


b0059962_034435.jpg

年に3~4回の海外旅行がなんだ。
イタリア、フランス、スペインにホリデー・ホームを持つことがなんだ。
数年ごとのキッチンの買い替えや家のリフォームがなんだ。
毎日のようにお出かけして女友達とのショッピングやランチ、そしてロンドンへ話題の展覧会や芝居を見に駆けつける忙しい日々がなんだ。

あらら。興奮して喋るとヨダレが出ちゃうな。

b0059962_0352879.jpg


私はそのうちの一つも持ってないけれど、「何もない普通の日常っていいわ、やっぱり」と思う。本当に。

今日も平和に眠りにつけるこの幸せ....。


b0059962_0371772.jpg

[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-10-11 00:41 | 飼い主日記
<< 一人の時間を楽しむ | ページトップ | 留守番犬の独り言 >>
"springleaves" Skin
by Animal Skin