Top
夏到来?
b0059962_1842443.jpg


あ~、サンシャイン....。

ようやく夏らしい日差しが戻ってきた。

昼を過ぎた頃から、大気の温度がぐんぐん上がってきているのが肌に感じられるほどだ。

庭に向けてドアを全開にして、涼しい風に吹かれつつ、シーツにせっせとアイロンをかける。う~ん、これってなんだかとても夏的な感じがするのです。
 




さて、ここのところの近況。

先週末から右膝・ふくらはぎ・足首にかけて、鉄枷をはめているかのような重い鈍い痛みがあって、階段を昇ったり早足で歩くのがとてもつらかった。
ところが、怖々行った月曜日のヨガクラスを終えて帰る道。「あれ?痛みが消えている!!」。
恐るべしヨガの威力。
開始前に念のためにインストラクターの女性に「週末から膝が痛くて」とは言っておいたのだけど、特にイタタと感じるポーズもなかったので、ふつう通りに1時間のセッションを終えたのだった。
彼女の言葉によると「ヨガは普通のエクササイズとはちがう筋肉の使い方をするから(筋肉の痛みに効果があるかもしれない)」ということだったのだけれど、まさかこれほどの違いがあるとは。
なんとなく、ヨガに“はまっていく”人の気持ちが分かる気がする。
やればやるほど自分の体の未知の部分を気づかされるような、そういう面白さがあるから。
来週が楽しみだな。

近況その2。

そのヨガのクラスでのこと。
ながーく続いた雨がようやく止んだ朝。なんとなくメンバー間の会話も天候の話に終始したのだけれど、インストラクターさん曰く。
「雨ばかり降っていると庭が緑にあふれるのはいいのだけど、日光不足のせいでちっとも花が咲かない。だから庭がなんとなくモノトーンで寂しげに見えるわね」
うちの庭を見渡すと
「ほんとだ。彼女の言うとおり」

うちの庭はもともと私と夫の好みを反映させて、新たに草花を植えこむ際に赤・ピンクなどの暖色系の花は選ばないという方針にした。
その代わりこんな風なシルバー・ブルー・モーブ系に統一されている。


b0059962_18434929.jpg



b0059962_18443631.jpg

ところが、こういうぱっとしない天気が続くと、それらの色彩はなんとも味気ない感じに見えることにだんだん気が付いてきた。

来年はもう少しカラフルな、鮮やかな色合いの花を少し足さないとなあ、と庭を眺めるたびに思う。
雨のせいで芝生も雑草もぐいぐい伸び放題。
悪天候続きのあとのガーデニングは、仕事が山積みでため息がでてくる。

隣の塀越しに枝を伸ばしているリンゴの木。すでに実がこんなに大きくなっていた。
秋近し??


b0059962_1846162.jpg


[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-07-16 18:48
<< 再びベイキングの日々~その1 | ページトップ | 夏野菜のフォッカチア >>
"springleaves" Skin
by Animal Skin