Top
夏野菜のフォッカチア
b0059962_123597.jpg
ビール&ワインにぴったり!夏のヘルシーレシピ♪

雨ばかり続いているこのところのイギリスの天気。

正直なところ、「こう暑くっちゃ、食欲も起きない~」というくらいの天気を一日くらい体験してみたいと願うほど。

今日もお昼近くから暗くなり始めた空。そしてまさにバケツをひっくり返したような豪雨となりました。とほほ。

こんな日は家に籠ってベイキングをするに限る!

というわけで、以前にも登場させたJamie Oliverのピザ生地を仕込んで、お昼はフォッカチアにした。
セミ・サンドライド・トマトを手でちぎって表面に塗ってから、薄切りにして塩を振って水気を切ったズッキーニを載せるだけ。

お昼用には、こんなシンプルな味がぴったりくるような気がするのです。
 




もちろん、生地をもう少し薄く延ばしてから、パルミジャーノなり、イギリスではもっとお手軽なチェダーチーズなりを散らして焼けば、ピザに早変わり。
サンドライド・トマトがない時は、香りのよいタイプのオリーブオイルを生地に塗って、ハムやオリーブ、缶詰のサーディンなどをのっけただけのピザを作ることもあります。
これなら、ピザ自体の味が重くないので、お酒のお伴には適していると思うし。

普段は白ワインを好む私なのだけど、イタリア風の料理にはなぜか冷えたロゼワインを添えたくなる。
この1~2年、ロゼワインの需要がぐっと上がっているイギリスのワイン市場。
選択肢が多くなったのはうれしいのだけれど、残念なことに圧倒的に人気があるのは白ワイン同様やや“甘口”ワイン。そこで、一度「うん、これは美味しい」という銘柄を見つけると、毎度毎度同じものを飲み続ける、というパターンが多いのです。

できることならTavel Roséなんかがいいのだけれど、ちょっと日常的に飲むには高すぎるので、近頃はコート・ドュ・ローニュのロゼを飲んでます。

あ~、それにしても庭にテーブルを出して夕陽を眺めながら、冷えたロゼワインを片手に夕食をとる、なんていう陽気は一体いつになったらやって来るのだろうか......。

[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2008-07-12 11:30 | キッチン
<< 夏到来? | ページトップ | ボールの唄 >>
"springleaves" Skin
by Animal Skin