Top
こんなもん買った~フィンランド・旅の終わり~
フィンランド旅日記も今日でいよいよ最終回。

きっといい加減飽きられていると思うのだけど、まあこれで終わりですからどうぞお付き合いくださいませ。

テーマは買い物。

まず、フィンランド行きの前から「これだけは買い忘れるな!」と夫と言いあっていたのが、木製キッチングッズ。
随分昔の話だけれど、夫がフィンランド出張した際サラダ用サーバーのような木製ナイフ&フォークを買ってきてくれた。
で、これがまあ長持ちするのなんのって。
イギリスでももちろん似たような物が買えるけれど、この小さな木杓子のようなスプーンが特に欲しかったのだ。


b0059962_232353.jpg

ヘルシンキでも、ラパランタでも、ふつうのおじさんが「山の木さ切ってきて、自分で削って売ってるんだ」風にマーケットで売っていたりしたのだけど、ヘルシンキでは「これって、本当にフィンランド産?」という懐疑心が、ラパランタではもちろん英語がまったく通じずで、結局ヘルシンキンに戻ってから、とあるキッチンショップで偶然見つけたもの。

ついでに、「ケーキをこれだけ焼くんだから、ケーキサーバーのひとつくらいあってもいいよね」と木製ケーキサーバーも買う。



ちなみに、メーカーのホームページをチェックしてみると、素材はナナカマドとジュニパーを使っているそうな。
サイトを見る限り、他にも魅力的なアイテムがたくさんあってお勧めです。
ただ、オンラインショップはないので、フィンランドに行って買うしかないのかもしれないけど....。


b0059962_233246.jpg

同じキッチンショップで買ったのが、クッキー型。
「クッキーなんて焼くのか?」と自問自答したけれど、トナカイのクッキー型だからクリスマス時期に使うかな..と。
調べてみると、これはドイツ製だった。
で、クッキー型コレクターにとってはかなり“はまる”サイトです、ここは。
私のお気に入りはfootyもの。

ドイツらしいって言うのか....。

旅に出るとその土地のアートをお買い上げになるのはセレブ・ブロガーのきなこさんだけれど、私の旅の“定番土産”と言えばこれ。


b0059962_2334031.jpg

ふきん。
なにしろ軽いしかさばらないし、値段も手頃!(これは大事)。
たいてい、「これはかなり趣味が悪いよね」というようなコテコテの観光土産風の物を数枚買うのだけど、今回はせっかく北欧に来たのだしきちんとした北欧デザイン物を選ぶ。
これはヘルシンキのエスプラナーデ通り沿いのお店がセール中だったので、この布製袋(↓)と共にお買い上げ。


b0059962_234414.jpg






b0059962_2344883.jpg



b0059962_235248.jpg

もう一つはストックマンで買ったもので、フィンランドの野生動物たちがモチーフになっている。“昆虫・植物・動物モチーフもの”に弱い私にとっては、買わずにいられないタイプのデザイン。

自然コスメで何かあれば...と期待していたのだけど、意外にその手の商品は少なくて、これはラパランタのプッキさんのアトリエの隣のお店で見つけたハーブミックス。


b0059962_2355994.jpg



b0059962_2362245.jpg

ハーブが数種類と塩がミックスされたフットバス用らしいのだけど、ご想像通りこの店でもまたまた“言葉の壁”に遭遇。
お店のお姉さんは絶えず笑顔だったけれど、一体どういうハーブが含まれているのかと言う説明はしてもらえなかった。

フィンランドと言えば“お約束”のムーミン・グッズ。


b0059962_237897.jpg

ヘルシンキのマーケットには、この手の(↑)“偽物”商品もあったけれど、手軽なところで帰りの空港でキーホルダーを買うことにした。


b0059962_2373424.jpg

ちなみに、空港内のショップにはかなりのムーミン・グッズがあるので(ムーミン・ショップもある)、ここで待ち時間を使ってささっとお買い物をするのが一番のような気がします。

同じフロアにはストックマンの食品売り場とイッタラ・アラビア製品を扱ったコーナーもある。
で、私の個人的な意見なのだけど、「絶対にこの柄のこのデザインのこれが欲しいの!!」という『北欧陶器・大ファン!』の方々は別として、「せっかくフィンランドに来たんだし、イッタラ(又はアラビア)のカップでも土産に買うか」程度の気持ちなら、ここで買った方がお得だと思う。
免税分で少しだけお安くなっているし、品揃えもそう悪くないなあという印象があったので。
ただ、食品売り場では、明らかに「これ、イギリス製品だよ」のジャム・紅茶・ビスケットなどが売られていたので、これは要注意です。

お、一つ忘れていた。
フィンランドのもう一つの人気ブランド、マリメッコグッズも買った。
正直言って、私はどうにもこのブランドのデザインが好きになれなかった。
ラパランタであまりに時間が余っていたので、ショッピングモール風の店舗を見て回ったらマリメッコがあった。
そして、なんと7割引きセール中だったのだ。
普段は買い物に全然興味のない夫も、時間つぶしの為に「7割引きだよ。見てみなよ」とあまり乗り気じゃない私の背中を押す始末。
そこまで言うならとチェックしたのだけど、「うーん。やっぱりダメだ。柄がうるさ過ぎる!!」。


b0059962_238561.jpg

でも、せっかっくなので紙ナプキンだけ買った。これは割引外だけれど、値段もまあ普通の値段だったし、柄がちょっと北欧風かなと思えたので。

最後に、『買わなかったけれど、やっぱり買っておけばよかったかな』の巻。

まず、革製蠅たたき。


b0059962_2383548.jpg

今、うちの庭は頻繁にwasp(スズメバチの類)の訪問を受け、これが家に入ってくると夫は完全にパニック状態になる。
そのたびに、勇敢な妻の私がスリッパだの雑誌だのをぶんぶん振り周して退治するので、「あの蠅たたきがあれば便利だったのにな」と思っているところ。

そして、牧歌的なイラストがなかなか可愛い“箱”。


b0059962_2385767.jpg

これは掌に乗っかるほど小さいので、使い道はたぶんピアス類を仕舞うくらいだと思われる。
アクセサリーには縁なしなので、「使い道のないものにこの値段(約1350円)かあ」という主婦的倹約精神が出てしまって、買わずに帰って来た。
で、写真をみるたびに「やっぱり可愛いよなあ~。買えばよかった....」と後悔しております。

旅から戻ってすでに3週間が過ぎるのに、なんだかまだ旅の余韻を引きずっているようで、どうも頭も心もすっきりせず、宙ぶらりんな気分で過ごしている日々。

秋の気配も深まって来たし、そろそろ気分を切り替えなくちゃなあ。
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-08-27 23:16 | 旅に出てみた
<< たてこんでいた日々 | ページトップ | ヘルシンキを10倍楽しむ方法? >>
"springleaves" Skin
by Animal Skin