Top
休暇宣言
昨年一年間、まともな長期休暇を取らなかった夫。
b0059962_21452719.jpg

その埋め合わせも兼ねて、今年の夏は4週間の休暇を取ることにした。で、その前半戦として今週末から1週間の旅行へ出かけることになった。

思い返してみると、夫のリストラとかパールを引き取ったことがあったりして、最後に私が“外国旅行”をしたのはなんと3年前だった。
何時ものことながら、全てを一度に緊急に決めた旅なので、準備することが色々あって結構パニックになっている。

パニックと言えば、豚インフルエンザ・パニックがついにイギリス人の間にも広がり始めたようだ
先週から今週にかけて、急激に感染による死亡者の数が増え、更に豚インフルエンザ感染二人目の妊婦さんの死者が出たということで、明らかに一部の年齢層の間で特に緊張感が高まっているのだ。
さっきも、リスナー参加型の昼のラジオ番組を聴いていたら、「ど、どうしたらいいの?!どうしてワクチンはすぐに手に入らないの!?」という恐怖におびえている風の人々。そして「ただの風邪じゃないの。今までだってインフルエンザは存在したんだから、皆落ち着きなさい!」という“何があっても動じないイギリス人”の2タイプににはっきり分かれている気がする。

私も、正直この時期に飛行機での旅行はどうだろう?と思ったのだけど、でもこの先もし事態が深刻化したら、秋に予定している2週間の休暇で国外旅行が危うくなる、なんてこともあるかもしれないし....(私は何しろ根っからのペシミストですから)。

だから、今のうちに旅をしておいたほうがいいだろう、という気分なのだ。

それでも、一応行き先にはイギリスに次いでEU内で感染者の数が多いスペインを避け、スペインと国境を接している国(フランス・ポルトガル)なんかも避けてみた。
まだ一度も訪ねたことがなく、急に決めた旅なので夫がある程度勝手を知っている国で、なんとなく“衛生面”で安心できそうな国。
と言うわけで、今や日本人に大人気のフィンランドを選んでみた。

b0059962_21464198.jpg

ひとまず、パールは丸1週間のケネル滞在という大チャレンジを強いられるわけで、そんな思いをさせてまで出かける旅なのだから、雨が降ろうが槍が降ろうが、豚インフルエンザが蔓延していようが、意地でも楽しんでこなくちゃな!と自分に言い聞かせている。

と言うわけで、ブログアップはしばらくお休み。

再開は8月に入ってからです。

楽しい旅の報告ができればいいなあと思っております。


私を置いていくんだ....
そうなんだ...
b0059962_21503114.jpg

[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-07-21 21:52 | 飼い主日記
<< フィンランドからイギリスへ | ページトップ | 安眠生活 >>
"springleaves" Skin
by Animal Skin