Top
忙しいぞ、主婦
ガーデニングに費やす時間が増えているせいか、日々がどんどん過ぎていく。

蜂も忙しそうだけれど、私もかなり忙しい。


b0059962_0365040.jpg



b0059962_037987.jpg


庭をさーっと見回すと「あ~、やる事が山ほどあるよ、これ」と意欲をくじかれてしまうので、「今日はこれとこれを。明日はあっち側を。向こうの一角は来週中に片付けるってことで」という具合に、仕事を細分化して箇条書きのメモを作り、一つ一つ片付けては消していく方式を取っている。

メモに含まれていない作業は、気になっても後回しにすること、これが原則である。
そうしないと、「あれ、ここも?あっちも!うがぁ~!!」とパニックになってしまうから。
ガーデニングでパニックになると、「もうやってられんもんね!!」とショベルを投げつけてしまいたくなる衝動にかられるのだ。
のんびり・じっくりと取り組む。
これが、ガーデニングを長続きさせるコツである。コホン。




さて、そういう時に限って仕事を増やしてくれる輩がいる。

もちろん、犬。


b0059962_0374845.jpg

せっかく植えたばかりのハーブの苗をしっかり踏みしめてくれるのは朝飯まえのこと。


b0059962_0413867.jpg



b0059962_0422740.jpg

外出する予定もあって、「今日はやる事一杯だ。散歩はささっと終わらせようね」なんて言う朝に限って、突然畑の中を縦横無尽に突っ切って、うさぎを追いかけまわし足を切るということをやらかしてくれる。

これまで、ずっとオフリードはしないできたけれど、「そろそろ安全な場所で、他の犬がいない時に走らせてみるか」という気が起き始めて、数週間前から短い散歩用のあるルートをリードなしで歩かせていたのだ。
このルートには、両方を策のない畑に挟まれた道が数百メートルくらい続く地点がある。
まっすぐ田舎道が続いているだけだし、今のところ両脇に広がる畑の向こうへ行く様子も見せないので、なんとなく「大丈夫だな」とタカをくくっていた。

ところが、水曜の朝どういうわけか突然“追跡モード”全開になったパール。
問題なのは、この畑の丁度反対側に、途切れ途切れで鉄条網が張られているのだ。
一体どうして途切れたままにしておくのか、四方を策で囲っているわけでもない畑にどうしてその一辺だけに鉄条網を付けたいのか、理由はこの土地の所有者のみが知っている謎である。
お陰でこっちは、パールが5分後に泥まみれ(前夜、かなり激しい雷雨が降ったので)になって戻ってくるまで、胃がギュ~っと音を立てて引き締まるかのような緊張感を味わいました。

幸い、うさぎは鉄条網の方向へ逃げることなく姿をくらませ、パールもようやく諦めがついたのか、私のもとへ無事戻ってきた。
その間、あらん限りの肺活量を使って名前を叫び、訓練用の笛を吹きまくっていたのだけど、いやはや、周りに他の犬オーナーが居なかっただけでも幸いである。
赤っ恥をかくところだった。

でも、「鉄条網に突っ込んで行ったらお終いだ!!」という恐怖を感じつつ、ひなげしの赤い色と麦の新緑が朝日に映えて金色に光る畑の中を、バンビのようにジャンプしながら猛スピードでうさぎを追いかけて行くパールの姿は、正直見とれてしまうくらい美しいものだったのだ。

なーんて、詩的な気分に浸っていられたのはほんの一瞬。

自分のキャパシティを全く無視して走りまくったせいで、パールは呼吸困難状態でどうにも座り込みたいらしく、何度も何度も立ち止まる。
私は30分後に一日一本の隣町行きのバスに乗りたいんだったら!
ほれ、歩かんかい!!とパールをずるずると引っ張って家へ向かう。

ようやく家について足を洗ってやると、タオルに血が付いている。
肉球に小さな穴をあけてしまったのだ。
そして、この泥だらけ状態で家に置いておくこともできず、「キ~!!」と叫びたくなるのを必死にこらえて、猛スピードでもって濡れタオルでパールを拭き、傷口をささっと洗ってクリームを付けて、家を飛び出した。

今まで経験してきた傷に比べれば、どってことない切り傷のようだけれど、それでも想像力がたくましいので、「家に帰ってドアを開けたら、足から血を流したパールが倒れていたりしたら嫌だなあ~」なんて考えてしまうと、どうにも落ち着かない。

でも、この数日間どうしても“出かけたいぃ!!!”気分がふつふつとしていたので、これを逃したら余計に自分が機嫌悪く数日を過ごすことになるのは分かっていたのだ。
だから、心を鬼にして外出したのだけど。

帰宅してみると、傷口をずっと舐めていたらしく、布団に大きなシミがついていた。
やれやれ、前日に洗ったばっかりだったのになあ...。

その日は一日中、私の目を盗んでは怪我をした方の足を舐めていたので、ちょっと痛かったのかもしれない。
夫が仕事の用事でロンドンに一泊した日でもあったので、その寂しさと怪我の痛さでふさぎこんでいたパール。

「一体それは誰のせい?パールのせいだよね~。うさぎを追いかけたせいだよね~。」
この間の私の負傷に続きのこの“騒ぎ”。
そろそろ厳しく躾けるべきところは、ビシっと教え込まないとね。

反省します...

b0059962_0395813.jpg



これはチャイブですか、踏み踏み。


b0059962_0392034.jpg


あ~、また仕事が増えるぅ.....。
 
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-06-19 00:45 | 飼い主日記
<< 夏の味覚と干し野菜を楽しむ | ページトップ | 専業主婦の人生 >>
"springleaves" Skin
by Animal Skin