Top
私、怒ってます


b0059962_04877.jpg

もう水曜日だ。
一体今週は何やってたんだか。

月曜日は、日曜の夜中から明け方にかけて突然「ピーピー!」と鼻を鳴らしだし、キッチンをうろつき回るパールのせいで、3時間くらいしか眠れなかった。
のんきな主婦生活をしている私だけれど、それでも月曜日はかなり忙しい日。頭痛&めまいに悩まされつつ必死で家事をこなし、ヨガにも行ったけれど、正直ゾンビ状態だった。

そして、昨日は昨日で買ったばかりの化粧品にクレームをつける為に、半日もつぶしてしまったのだ。




これまで、かなり気に入って使っていたオーガニック・コスメの美容液なのだけど、先週注文しておいたものを使ってみたら、中身が変色していておかしな匂いがする。
日本の化粧品業界は競争が激しいから、どういうクレームであれ返品・交換・返金してくれるのだろうと思う。
ところがどっこいイギリスでは、消費者側がそれはそれはしつこく文句をつけない限り返金どころか交換も物によっては(例えば化粧品など)かなり難しいケースが多い。
そういう事をきっちりしてくれるお店もあるけれど(有名どころでは、ジョン・ルイスやマークス&スペンサーと言った大手デパートなど)、ほとんどの場合消費者側の泣き寝入りで終わる。

毎回しっかりとした顧客サービスをしてくれていた某オンライン・ショップを利用したのだけど、この店でさえも返品に関しては結構厳しくて、『こちら側の手違いで間違った商品を送った場合、もしくは郵送の際に破損があった場合』のみ返品又はクーポンでの交換で、返送代金はお客側の負担になるのだ。

私の手元にある美容液はどう見ても欠陥商品だったので、すぐさまメールを送り、その品質の“異様さ”をできるだけ大げさに説明し、『貴店の返品ポリシーは十分承知しておりますが、今回は品質に欠陥があるようですし、すぐに必要とする物なので別の商品を購入したいので、返金をお願いします』とやや強気の内容を書いた。

ところが、翌日お店から届いたメールによると、『この商品は以前にも同様の問題があり、メーカー側によると自然化粧品特有の“季節的な不均質”に過ぎないので、安全ですし効果には変わりはないですから』と言うではないか。
オーガニック・コスメをほぼ3年近く使っているので、その程度の知識はあるけれど、それはあくまでも「今回のバームはちょっと前より固めかも?」とか「あれ?化粧水の匂いがちょっときつめかな?」程度のもの。

本来ヨーグルトのように真っ白なはずのその美容液。(↓青枠で囲ったのがいつもの色。左のが今回の問題商品)
b0059962_07041.jpg
色は茶色かかった黄色に変わり、通常ならシトラス系のフレッシュな香りのはずが、甘ったるーい奇妙な匂いを放っているのだ。
手に取って匂いを嗅いだ瞬間「これ、ヤクルトの匂いに鉄分を混ぜたみたい」と感じた。

信頼していたお店だけに、この返答にはかなり失望した。
でも、信頼していただけに、『安全だから』と言われれば「そうなのかなあ」と信じないわけにはいかないし、返金も交換もないとなればこれはもう無理してでも使うしかない。
なにしろ、値段的に決して安いものではないので(50ml入りで約6000円くらい。イギリスは17.5%の税金がかかるし、おまけにこれはオーストラリア産の商品なので、割高になるのだと思う)、私だって主婦の端くれである以上、こんな形で家計を無駄にしたくないのだ。

「よし、安全ならもう一回使ってみよう」と、再度化粧品箱の奥の方に押しやったそれを取り出し、顔につけてみた。
「く、臭い!!」
そのあと散歩に出かけたのだけど、外気に触れていても自分の顔から発せられるその奇妙な匂いが気になって仕方がない。
これは普通じゃないでしょ、やっぱり。

いっそ自分持ちで商品を送り返して、実際にお店のオーナーさんや他のお客さんにチェックしてもらうのが一番かな?と思い、返送するつもりで箱などを準備しつつ、メールを再チェックすると、オーナーさんから新たにメイルが届いていた。
それは、『オーストラリアのメーカーと直接話をしましたが、やはり問題なしと言う返事でした。でも、今回は返金しますから』という内容だった。

「ほ、これでお金を無駄にしないで済んだわい」、という安心感もあったけれど、何よりもこのいい加減なメーカーの態度に対して腹が立ってきた。
だいたい、過去にユーザーから「こういう変化が起きますよ」というリポートがあったなら、どうしてその旨ウェブサイトや容器に注意書きで知らせるなり、もしくはその点を改善しようと試みるなりしないのか?
だいたい、匂いが変わってしまうくらいなら、最初から高価なオーガニック・アロマオイルなんて成分に入れる必要ないじゃないですか。その分高くついてしまうわけだし。
ちなみに、このメーカー(ステム・オーガニックスです)はオーストラリアでは賞を取ったりしているようなので、そのうち日本にも上陸するかもしれない。
人にあーせー、こーせーと言うのは嫌いなのだけど、今回だけはハッキリ言っておきましょう。
悪いこと言わないから、このメーカーは避けたほうがいいって。ゝ( ̄□ ̄;;)Ξ(;; ̄□ ̄)ノノ

そんなわけで、怒りが収まらないのでその辺の苦情を伝えるべく、そしてメーカーに転送してもらうつもりで、お店のオーナーさん宛てに再度メールを書いた。
それも、結構長めのやつ。

さぞかし「しつこい客やなあ、こいつ」とうんざりしていることでしょう。



b0059962_073020.jpg

たぶん、肌が絶好調の時だったらこれほどしつこくクレームをつけたりしなかったろう。
運悪く、この1-2週間気候のせいなのかどうか、急激に肌の調子が悪くなってきたところで、乾燥がひどくて不快なことったらない。
挙句にこの“騒動”なので、普段は比較的冷静な私もブッチリ切れてしまった。
言い訳するのじゃないけれど、40代になると一度肌のコンディションが崩れると、坂を転げ落ちるがごとく悪化していくので、心穏やかではいられないのだ。プンプン。033.gif


b0059962_075286.jpg

そんな風にしてほぼ一日を棒に振り、フットボールの試合に招待され、夫が外出したこともあり、遅い独りの夕食(この騒ぎで何もかも後へ後へ押しやられてしまったのだ)の後でぼんやり庭を眺めていたら「化粧品の買い物ごときにこんな風に振り回されて....」と我ながら情けなくなってきた。
まったく美空ひばり嬢の歌じゃないけれど ♬人は~、悲しぃ~、悲しいものですねえ~♬である。

あ~、ヨガ式呼吸でもして心落ちつけよ....。禅。(-∧-)
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-05-14 00:17 | 飼い主日記
<< “ほんもの”の力  | ページトップ | 小さいけれど確かなもの >>
"springleaves" Skin
by Animal Skin