Top
小さいけれど確かなもの
またまた“小確幸”的お買い物をした。

石鹸。


b0059962_2353377.jpg

以前からこのブログで紹介しているThe Naked Soap Companyのもの。

今週は日本に住む姉の誕生日で、この数カ月間、身上になにかとごたごたした出来事が続き、体調を崩してしまった姉に『ひと時の安らぎ』でも与えられれば、と思いラベンダー&オレンジの石鹸を注文することにした。




アロマセラピストの資格を持つ友人Jによると、柑橘系のアロマは気持ちを元気にさせる作用があるので「例えば月曜の朝のうんざりした気分の時に使うと効果があるよ」ということだった。
ただし、レモンやベルガモットがちょっときつ過ぎると感じる人には、彼女はオレンジを処方するのだそうだ。
そんなわけで、ラベンダー&オレンジの香りでどん底ムードから少しでも回復してもらいたい、という気持ちから選んでみた。

私用には、ボディ用に愛用しているコッツウォルド・ハニー&オーツ。
それから、新製品のビール石鹸!!
ビールですよ、ビール。それも、いわゆるリアル・エールと呼ばれる、ホップと水と麦芽だけで作られた“自然派”ビール。
ナチュラル系石鹸をあちこちリサーチし続けてきた私だけれど、ビールから作った石鹸なんて初めてだったので、まったくの好奇心から注文してみたのだ。
b0059962_23555537.jpg

早速オーナーさんからメールが届き、それによるとこのビールの醸造所はThe Naked Soap Companyさんにとってはご近所さん的な存在らしい。
で、このビールの美味しさをPRしたいという気持ちと、ビールが石鹸造りにもたらす利点を利用すべく、このアイデアに至ったのだそうだ。
なんでも、ビールのたんぱく質のせいで石鹸の泡がより濃厚になるし、ビールの材料となる麦芽に含まれるビタミンBやミネラルは当然肌に良いから、というのが彼女の弁である。

ちなみに、彼女も強調しているのだけど「ビールの匂いはしないから、安心して!」と言うことで、たしかに鼻をくっつけて犬のようにしつこく匂いを嗅いだけれど、あの薄暗いバーに漂うごとき独特なビール臭さは一切なし。
たしかに他の石鹸よりも心なしか泡が“こっくり”しているような気もする。

今回、またまたオーナーさんは無料サンプルを、それも2個もつけてくれた。
なんという太っ腹!
そのすっきりした香りがキッチンで使うのにぴったりで気に入っていたラベンダー&ティートリー。
そしてラベンダー&オーツ石けん。これはラベンダーってことで、姉へのプレゼントに追加することにした。

石鹸、いいですよね。
この間紹介した江国香織さんのエッセイ(『とるにたらないものもの』)でも、彼女が石鹸への思いを綴っていたので、思わずうれしくなってしまった。

石けんは、この上なくシンプルで可憐なかたちをしている。
例外なく物静かだ。
そして、すこしづつ、すこしづつ、溶けて小さくなる。

この文章は、私の目の前にある4つの小さな石けんを、ぴったり表現しているような気がするのだ。
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-05-09 23:58 | 飼い主日記
<< 私、怒ってます | ページトップ | イギリス、と言えばガーデニング >>
"springleaves" Skin
by Animal Skin