Top
ベーグル流行中
故郷を出て十数年。
我が町ではどんな毎日が展開しているのかと、地元新聞のサイトを毎日のようにチェックしている。
で、最近の記事によると、どうもうちの田舎にもベーグル流行の波が押し寄せているらしいのだ。

日本人って本当にベーグル好きですよね。
イギリスは歴史的背景から、多くの外国の食べ物があたかも自国のもののように取り入れられている国だけど(例えばカレー)、ベーグルに関して言えばこれほど世間から見向きもされていない食べ物はないんじゃない?と思うくらい、本当にマイナーな存在だ。

こんな小さな村の生協でも、大量生産タイプではあるけれどクロワッサンやバゲットを売っていて、土曜の朝などそれらを“小粋に”抱えて通りを歩いて行く人々の姿をよく見る。
それに引き換え、ベーグルはたいてい残り物としていつまでも棚に残されている。




たいそう人気で行列もできているという我が故郷のベーグル専門店の記事を読んだ後、ふとベーグルに関するブログサイトを検索してみたら、出てくる出てくる。
で、どれもこれも形はきれいだしフレーバー(と呼んでいいのかな?)はバラエティに富んでいるし、改めてベーグル熱狂派の人々の多さを確認したのだった。



b0059962_23564532.jpg

と言う訳で、久しぶりにベーグルを作ってみることにした。
毎回、ベーグルを作るたび「ふ~ん。こんなもんかなあ」と自分の技術の悪さを棚に上げて、その“アンチクライマックス”的な仕上がりにいつも何か物足りなさを感じていた。
で、今回はスペルト・フラワーを加えて作ってみました。
スペルトと言うのは、なんでもローマ人が栽培していたくらい歴史のながーい粉。ちょちょっとグーグルしてみたら、日本にもこんなサイトがありました。

イギリス人は基本的に「〇〇に効果があるからこれを食べる」的な発想はしない人が大多数なので、ビタミンやミネラル云々と言う点よりも、スペルトはグルテン・アレルギーがある人の小麦粉の代用品として人気を集めつつある、というところだろうか。
なにしろ、イギリスではなんらかのアレルギーを抱えている人が全人口の15%から40%に増加したというリサーチ結果が出ているらしいから。

さて、スペルト・ベーグルですが、多くのベーグルサイトを見ているうちにプレーンなものではなく、フレーバーものも試してみたくなったので、“ダメもと”でチャレンジしてみることにした。
用意したのは、オーソドックスなクルミと瓶のそこに二さじ分ほど残っていたマーマレード。
成型する際にこれらを混ぜ込みつつクルクルと巻いて、端っこを閉じてから茹でればいいらしいのだけど....

ふふふ、大失敗。
マーマレードはもちろんべとべとして巻き込みにくいし、くるみも生地の端からぽろぽろと“脱走”しようとする。
それをなだめすかしつつなんとか成型して、いざ鍋の中へ。

8個中の2個が無残にもお湯の中で分解してしまいました。
もちろん、マーマレード入り。


b0059962_23571175.jpg

クルミ入りを半分に切って早速お昼にしたのだけど、写真を見てお分かりのように、ナッツが全部一方に集中している....。
でも、数時間後にすっかり冷めたプレーン・タイプを食べてみたら、意外や意外。なかなか美味なのだ!
現在日本では、ベーグルと言えば何種類かの食感タイプを選べるのが当たり前らしいけれど、これは個人的な分析で言えば“ふわふわタイプ”。粉そのものの美味しさが生きている、というところでしょうか。

それにしても、改めて考えてみると私は市販の“本家本元”ベーグルって一度も食べたことがないみたいなのだ。
記憶を辿ってみる限り、唯一“本物ベーグル”らしき物を食べたのは、なんと16年前のこと。
モントリオールに語学留学していた時、クラスメートだった日本人の男の子が「これ、モントリオールで一番人気のある行列のできる店のベーグルらしいですよ」とくれたのを食べた時。
正直言って「なんだこれ。固いばっかりでちっとも美味しくないじゃん。こんなもんに行列作る人の気がしれないや」と思った。
若気のいたりと言うか、なんて生意気な人間だったのかしら、私。
でも、たぶんあれは作りたて焼き立ての美味しさを“売り”にしているタイプのお店だったのだろう。
で、彼がくれたのは買ってから数日経ったものだったのかもしれない....。

でも、それ以来「ベーグルなんてこんなもん」という偏見を随分長い間持っていたのだから、やはり何事も第一印象って大事ですね。

などと、昔を振り返りつつもぐもぐとベーグルを噛み下す午後だった。




獲物があの辺にあるな。匂いでわかるんだもーん。


b0059962_23572945.jpg

[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-04-16 00:03 | キッチン
<< 恋に落ちる犬 | ページトップ | 日陰→日向→日陰の法則 >>
"springleaves" Skin
by Animal Skin