Top
40代の悩みには
最近“何もしたくない。どよ~んとする”的な気分になることが時々あって、そのたびに私は
ローヤルゼリーの代わりに料理してました。

料理、というか『作る過程を楽しめて、食後にうれしくなれるようなもの』だけを作る。

先週の日曜の夜、二日酔い気味で一日“どよ~ん”レベルが高かったせいか、夕食の後片付けをしたあと“疲れているのだけどなんだかこのままTV見て布団に入って寝る、っていうの気が進まないな”と言う気分だった。
で、アイリッシュ・ムードがまだ覚めてなかったので「そうだ、ソーダブレッドでも作ろう。明日のお昼はソーダブレッドだ!」と思い立ち、あれこれ検索し始めた。






で、見つけたのがこのアメリカのサイト。
写真がとてもきれいだし、レイアウトも使い勝手もいいのだけど、アメリカのレシピってやっぱり換算が面倒っすね。
特に数学に弱い人には結構なお仕事で、作る前からどっとくたびれたりして。

ひとまず翌日作ってみたのがこれです。


b0059962_23213778.jpg

相変わらず猜疑心一杯の私は、作る前にレシピのコメント欄にずずーっと目を通しておいた。
多くの人が「これでは生地がゆる過ぎです。粉の量がもっと多いはず」などと書いていたので(アメリカ人って、本当に物事をはっきり言う人達だ)、あえて水分を少な目にして、レシピの半分の量で作ってみた。

やや焦げ目がついてしまったけど、今まで試したソーダ・ブレッドには含まれない卵やバターが入っているレシピなので、「きっと、“ふわっ、カリッ”の私好みに焼けているに違いない!!」とかなり期待しつつ1きれ、あぐり。


b0059962_23221562.jpg

「.......。なんかどってことないな、これ」

焼き過ぎのせい?それともレシピのせい?
数時間後、冷めたものに蜂蜜をちょっと塗って食べてみたけれど、やっぱり感想は同じ。
どういうわけか、バターのかすかな風味が邪魔になっているような。
あえて、食事用にレーズンは少なめにしておいたのだけど、その甘味の少なさどうにも味気ない感じ。

こう言う結果に終わったら、やっぱり気持ちはすっきりしません。
洗い物だけ増えて、ストレスが更に高まる危険もある。

でも、お菓子・パン作りにある程度の失敗は付き物。
ローヤルゼリーは“前向きな毎日を応援”してくれるそうだけど、未知のものに果敢に挑戦するという心意気(もしくは、失敗にめげない楽天さ)って言うのも、前向きな毎日へ導く鍵である。ふんふん。p|  ̄∀ ̄ |q


そこで、次はバナナケーキを作る。
日本のレシピだから換算も無し。黒くなってしまったバナナを無駄にしなかった!という主婦的満足感が同時に得られるのも良い点。


b0059962_23225825.jpg

唯一、卵と砂糖を泡だてる段階で、“リボン状”になるまで頑張らなくちゃいけないってことで、割とスピーディーなお菓子作りが常の私にはちょっとしたチャレンジだった。
b0059962_23233519.jpg



ああ、そしてチャレンジ精神はまさに報われたのだった。
美味しいよ~、これ。


b0059962_23241256.jpg



b0059962_23243413.jpg

作ってみたいなと思った方はこちら

最後に、食事編として噂のポテト・サラダの報告もしておきます。
ポテトサラダと言うと、いつもドレッシング(マスタード・ヴィネガー・ウォールナッツオイル・少量の砂糖)であえるのが“我が家流”だったので、「マヨネーズ&ヨーグルト?おまけに、ブイヨンを入れる?」とかなり半信半疑だった。


b0059962_23253482.jpg
ジャガイモと和える前にソースの味見をしてみると、ちょっとクリーミー過ぎる気がする。
ところが、全ての野菜と一緒に混ぜて一口食べてみるとあら不思議。
「ほんとだ。美味しい!」


b0059962_2326073.jpg
この時は、独り用ランチとして試作してみたのだけど、美味しかったので昨夜の夕飯の一品にしてみました。
普段は、マヨネーズとかケチャップとか絶対に手をつけない夫でさえも、すっかり気に入った様子。

めでたしめでたし。
少し気分良くなってきたかな。




何かが焼けている匂いがする時は、


b0059962_23263032.jpg

キッチンを離れてはいけません。


b0059962_23271430.jpg

一口おくれ。
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-03-24 23:37 | キッチン
<< 色々あるお年頃 | ページトップ | 熱くアイルランドを語る >>
"springleaves" Skin
by Animal Skin