Top
コッツウォルドの石鹸を支持する


b0059962_2319779.jpg


先月紹介したコッツウォルドの手作り石鹸
一か月使ってみて気に入ったので、再度注文。
ついでに、オーナーさんから自身からのメイルで「使ってみた感想を聞かせてくださいね」と頼まれていたので、「ちょっと長すぎるかな?」と躊躇しつつ、A4一枚分ほどのお手紙も別メイルで送っておいた。

考えてみると、この数年間我が家では洗面所用・キッチン用、そして私専用のボディ用と、結構な金額を自然派石鹸に費やしてきた。
特に、お風呂で使う石鹸はどんなに“敏感肌にもやさしい”と謳っていても、実際に使ってみるとまるで肌が「ピリリィ~!」と軋んだ音を立てているかのような強烈なツッパリ感を感じるものや、使い心地は悪くないけれど半分も使わないうちにぐずぐずに溶けだしてしまい、納得のいく石鹸がなかなか見つからなかった。




特にこの2~3年は、イギリス国内での“自然派・オーガニック”化粧品に関する関心が急増して、それに伴って猫も杓子も的に“自然派もどき”商品がドっと市場に溢れだした。
そうかと思うと、“オーガニック・フェアトレード・環境にもやさしい”、だからこんなに高価なのは当たり前!みたいなニューライン、ニューブランドもわんさか出て、そのいくつかは明らかに一攫千金を狙うぼったくり商品のようなものだった。

石鹸を始めスキンケア商品って、結局は個人個人の感覚がすべてだから、ある人にとって「これって、すごく良い!」と感じるものが、別の人には「なにこれ?何が特別なわけ」という印象を与えることも多々あるはず。
でも、そう言う個人差はあったとしても、顧客サービスに真剣に取り組もう、買ってくれたお客さんに誠実に対応しよう、という企業意識と言うかビジネス・マインドみたいなものは、扱う商品がなんであろうが、会社のサイズがどうだろうが関係ないと思うのだ。
要は心掛けの問題。

私がNaked Soapさんを気にいっているのは「うん。まだまだ世の中捨てたもんじゃないのね」と思えるような“パーソナルタッチな”顧客サービスを目指そうという感じがこっちに伝わってくるからかもしれない。
例えば、届いた箱を早速開くと注文分とは別に石鹸が一個入っていた。
納品書を見ると、前回同様オーナーのエマさん直筆でフィードバックへのお礼の言葉と「100%オリーブオイル石鹸を同封しましたので、使ってみてください」というメッセージが書かれていた。

b0059962_23194138.jpg
ここの石鹸、一個1000円~1200円相当するので(注:イギリスでは17.5%の付加価値税がほとんどの商品にかかるので、割高感がある)これはかなり太っ腹な“おまけ”である。うれしぃ!


ちなみに、今回のお買い上げはハンドウォッシュ用に『ラベンダー&ティートリー・オイル』、そしてボディ用に『コッツウォルドハニーオーツ』を選んだ。
特に後者の方は、すでに私の「イチオシ」になりつつある。無香料なのだけど泡が柔らかくていかにも肌をいたわってますという錯覚を感じつつバスタイムを楽しめる。

こういう“ささやかな物だけど、日々の生活を豊かにするものたち”って、いいですね。
[PR]
Top▲ | by mini_robin | 2009-02-26 23:23 | 飼い主日記
<< 試作ブルーベリースコーン | ページトップ | そば粉3連作 >>
"springleaves" Skin
by Animal Skin